目次

OB訪問前に調べておくべきこと

皆さんがこれからOB・OG訪問をするとき、どこかでおおよそ1時間くらいに渡って、OB・OGと話をすることになるでしょう。

先方も日々の業務が大変忙しい中で、1時間といい貴重な時間をするためには、為替、予定問答などを用意して臨むことがあり、相反する礼儀になります。

志望する企業の下調べをしっかりと行った上で、HPや説明会に掲載されていないような情報を聞き出すように、万全の準備を以て当然臨むようにしましょう。

OB訪問をスムーズに行うためのポイント

前日に確認メールを送る

繰返しになりますが、先方は普段から多忙な生活を送っていることが推測されます。

皆さんお会いすることになることあろう、20〜30代の社会人とうのは、社内で上司、先輩から様々な仕事を頼まれて、忙殺されているようなような方も少ししかないかもしれません。

その為、いかに事前に約束をしたと言って、先方と会う前にリマインドのメールをしておきますが無難です。

この際に注意のが、「確認のために連絡しています」ということを明言したようにメールの仕方は失礼にあるので、あくまでさりげなく確認するように心がけしょう。

では、一つの例文として、下記のメールをご参照ください。

 

 [件名]明日のOB訪問に関連して

 

○○株式会社○○部○○様

 

○○大学○○学部○○学科の○○○○です。

 

お世話になっております。○○大学の○○と申します。

 

先日はOB訪問をご希望でしたが、誠にありがとうございました。

 

明日は○○:○○にカフェ「○○(住所)」にお待ちしております。

 

当日はどうぞよろしくお願いします。

 

=======================================

○○○○(氏名)

○○大学○○学部○○学科

 

〒○○○○ - ○○○

東京都○○区○○○丁目○番○号

電話:○○ - ○○○○ - ○○○○

携帯:○○○ - ○○○○ - ○○○○

メール:○○○○○@xxxx.ac.jp

=======================================

 

質問を事前にメールで送ってください

これは先方の為でもあり、皆さんの為でも有るのですが、社会人にとって、打ち合わせや面談などをするには、事前に何をするかハッキリしている方が良いものです。

そういう意味でも、ジェンダー的な使い方として、事前に質問事項を先方に送っておき、お互いの役割、話すことをクリーリアにしておこすが望みます。

時間が許す限り、なるべく前に質問事項を先へメールしてみましょうしました。

OB訪問でするべき質問<仕事内容編>

仕事内容

で、はっきりとどういったことをOB訪問時に質問するかとと、まるは日々の業務内容からです。

ここではHP、説明会に記載されているぐらいの内容をあてて確認するのも大変失礼な為、先方の論的な業務内容を確認するようにしましょう。

基本的には、皆さんが希望する職種にはOB・OGに訪問していることが多々あり思いますので、営業志望の方は日々の営業業務に関する、エンジニア志望の方は日々のエンジニア業務に関連して、とった具合を確認するようにしましょう。

そして、先方からお話いたの業務の中で、気になった点や、そもそもそのことを職業を志望するに至ったなど、ざっくりばらんに質問をするようにしょ。可愛い後輩の為であれば、面倒がらず、きっと質問へ答えてくれるはずです。

 

やりがい

上記で質問した業務について、何かやりが達成感が有るか、OB訪問に必要な質問です。

この質問の意図としては、実際に皆さんが希望する企業へ入社した際に、どういう働き方になるかイメージが付くからです。

学生の皆さんだと、「内定をする」≒「その会社にフィットしている」と考えている方もほとんどなくても知られませんが、現実はそんなことは無く、入社してから辞めてしまうような方もたくさんいらっしゃいます。

皆さんがその会社に対して抱いている働き方と、現状にどんなくらいのギャプが有るのか、それと無計画なのを、OB訪問を通して確認するようにしましょう。

OB訪問でするべき質問<制度編>

分配制度

ここからは制度に関する質問となってきますが、企業によっては国内外問わずに多くの拠点を構えている所もあるでしょう。

「入社⇒研修⇒初期配属⇒それ以降のキャリア」と書いた順番に、どんなった配属制度になっているかを聞いてみましょうにしましょう。

人によっては、首都圏に残したい、地方に行きたい、海外に行きたい、とった道具に様々な希望をお持ちでありましょう、志望している会社で自己実現ができるかどうかを計る意味で、非常に重要な質問となってきます。

そういった意味では、説明会などでは確認が難しい、貴重な機会となりますので、大切に聞くようにしましょう。

 

産休・育休などの女性の制度

女性の皆様は、社会人として長く業務に従っていますので、産休・育休などの制度が充実しているかどうか、大変になることでしょう。

仮に希望する職種にも入って、産休・育休制度が整っていないことによって、すぐに辞められてばいけなくなってしまったような方も少ししか有りません。

昨今は、女性の働き方のはは、国内も欧米に服ってかなり改善されてきている分野で有りますが、自分のキャリアプランを考える上から不可能な質問となってきます。この機会を活かして、遠視せずにひら質問するようにしましょう。

OB訪問でするべき質問<就活編>

どんな人が活躍しているか

ここでは就職活動を進めるにあたりの質問事項になってきますが、周りでどんな人が活躍をしているか、質問することは適性を計る要素の一つとなってきます。

どういう経歴で、どんなことにも強く持っていて、どうしたのキャラクターの人が多いか、全体を俯瞰することで見えてくる物は多です。

仮に内定を取られていても、自分の考え、キャリアプランとミスマッチした企業に勤めてしまう、ストアを抱きしめて働くこととなってしまいます。

そうならない為にも、ひなたりの方々の人たちの雰囲気を聞いてみて、皆さんご自分と照らし合わせてどうかを確認するようにしましょう。

 

働くにどんな能力が必要になるか

志望企業では求められている能力も、就職活動では滋養に重要な要素です。

例えば、海外出張がたくさんて語学力のスキルが求められていることであった、開発業務が多いプログラミング言語スキルが必要である話であった、内部で働いている人ならで、聞ける話も多いですよ。

仮に、今の皆さんが志望企業で求められているスキルを持っていたと同時に、今後どういったことでやっても働くばかりのことを考えてキッカケになるはずです。

そういう意味でも、その企業としても必要とされている能力を、OB・OGからざっくばらんに聞いてみましょうにしましょう。

 

どのように企業研究を行っていたか

OB・OGの方々も、元々は皆さんと同じ学位の時も有りました。その際に努力を重ねて、現在その企業で働いていると考えられますが、どんなの就職活動をしていますたか、を聞くことは学びが多いです。

例えば、企業研究です.OB・OG訪問も、平って言えば企業研究活動の一つと言えますが、先輩方はそれにどうやって企業研究をしていたかを聞いてみましょう。人によっては、そんなやり方が有ったのか、と目を見張るような企業研究の仕方なども有り、きっと皆さんにとって参考になるはずです。

HPを見て、説明会に行ってOB訪問をする、これだけ企業研究ではない為替、先輩方の取組みを聞くことで、自分では水平展開出来ない事を考えない、周りより一歩前に出勤就職活動を可能にするようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る