目次

最終面接で見られているポイント

最終面接は他の面接とは立て場が異なります。しかしそのことを意識している人は多ありません。ここでは最終面接で面接官が見ているポイントについてご紹介します。

最終面接は意思確認の場

そもそも最終面接の目的は何でしょうか。それは意思確認です。これまでの試験や面接ではあなたの人柄や志望動機などが見られてきました。面接は回数を重ねるごとに面接官の役職が上がっていくというのが一般的です。最終面接の面接官は役員や社長であることがほとんどです。最終面接は役員や社長が、あなた自身に「入社する意欲が本当にあるのか」を見るための場となります。「入社するために受けているんだから当然でしょう」と思う人もいるかもしれませんが、複数内定を持っていたら?途中で辞退されてしまったら?という疑問を企業は抱いています。最終面接で選考状況や第一志望を強く聞かれるのはこのためです。

社風に合っているか・理念に共感できるか

その企業の社風に合っているか、理念に共感できているかも最終面接で特にみられるポイントです。社風や理念は最終面接まではあまり考えられてきていないと考えられるからです。最終面接までの面接ではあなたのことに重点が置かれていました。しかしそれは企業との相性とは関係のないことがほとんどです。実際仕事をしていく上でのモチベーションは社風や企業理念に合っているか、共感できるかどうかに左右されます。最終面接では「企業との相性」を見られているのだと考えるようにしましょう。

社長や役員と相性は合っているか

最終面接が企業との相性を見る場であることはお伝えしました。そのため面接官は役員や社長になります。最終面接ではこの組織を束ねる人たちが「あなたと一緒に仕事がしたいと思えるか」が重要なポイントとなってきます。普段仕事をしているときは顔を合わせることが少ない相手ですが、企業全体を動かしているということは役員も社員も変わりありません。企業との相性はつまるところ、役員や社長と話が合うかどうかです。そういった意味で最終面接は役員や社長との相性に左右される面接といえるでしょう。

最終面接前に行っておくべき準備

ここでは最終面接の前に行っておいた方が良い準備や対策について見ていきます。

面接官は誰か確認する

まずは最終面接の面接官が誰なのかを確認しておきましょう。面接官が役員なのか社長なのか、どちらもなのかを知っておくことは面接の内容を考える上で重要なことです。立場が上の人ほど、インターネットなどで人物像などの情報が得やすくなります。相手がどのような人柄なのか、企業についてどのように考えているのかを事前に知っていたら、心の持ちようも変わってきます。面接官の情報は説明会や選考の案内メールなどに書かれていることがほとんどです。また、選考フローとして求人サイトや企業の採用ホームページに載っている可能性があります。

志望動機をより具体的に  

最終面接の対策として、志望動機はこれまで以上に熱く、詳しく語れるようにしておきましょう。「ここまでの面接でも志望動機は散々話してきたじゃないか」と思う人もいるでしょう。しかし最終面接はこれまでの面接とは位置づけが異なります。人の考えは時間が経つにつれて変わっていくものです。途中でやる気がなくなってしまったり、特に志望していないのに面接を通過してしまったりという人が時々います。そのような人を採用しないために、本当に入社意欲があるのかを志望動機の中で聞くのです。最終面接の前は必ず志望動機を頭に入れておくようにしましょう。 

これまで聞かれたことも内容を確認しておく

最終面接では、これまでの面接で聞かれたことを繰り返し質問されることになります。「自己紹介」「学生時代頑張ったこと」「志望動機」「自己PR」「強み・弱み」などの基本的な質問項目にもしっかり回答の準備をしましょう。なぜ何度も同じことを聞くのかというと、面接官が毎回異なるからです。最終面接だけでなく、面接をすることとは基本的に初対面の人と話をするということです。面接の際は常に「初めまして」という感覚を持っているようにすると良いでしょう。

最終面接でよく聞かれる質問

「最終面接って何が聞かれるんだろう?」という人向けに、最終面接で聞かれやすい質問をまとめました。面接準備の際の参考にしてみてください。

志望動機などこれまで話したこと

「最終面接って何を聞かれるんだろう?」と不安に思っている人もいるかもしれませんが、最終面接でされる質問はこれまでの面接で聞かれてきたこととほとんど変わりありません。最終面接=最終確認と考えてみてください。面接官はあなたのことをよく知りませんから、突然これまでとは違ったことを言われても困ってしまいます。また、これまでの面接と一貫性のない答えでは面接官に「この人は本当はどう思っているのだろう?」と疑念を抱かれてしまいます。最終確認として、最終面接もこれまでの面接と同じような質問をされるということです。

選考状況

最終面接での質問は選考状況に重点が置かれています。選考状況というのは「何社ほど選考が残っているか」「他社の選考はどのくらい進んでいるのか」というものです。これは答えによって面接の合否を左右する重要な質問です。回答には「曖昧に答える」「正直に話す」「回答を差し控える」という選択肢があります。正直に話すことが一番無難ですが、中には他社の内定を持っていると言った途端落とされてしまったという人もいます。正直に話す場合は、志望度が高いことを強調する必要があります。

第一志望に受かった場合どうするか

選考状況と同じように「第一志望はどこか」「第一志望に受かったらどうするのか」という質問をされることがあります。これは少し意地悪な質問のようですが、企業にとっては大切なことですのでしかたがありません。「御社が第一志望です」と答えるか「第一志望の会社に受かったらそちらに入社します」とはっきり言ってしまうかの二択しかありません。後者は面接の合否を自分で決めるようなものですから、面接に受かりたいなら避けた方が良いでしょう。正しい回答というものは存在しませんが、「他社の選考結果を合わせて考えたい」と答えると角を立てずにすみます。

どのような未来を描いているか

入社後にどのような仕事をしたいのかも最終面接でよく聞かれる質問です。入社直後のことだけでなく、1年後、10年後といったキャリアプランが描けているのかも確認される事項です。その企業でやりたいことは何か、どのような人に成長したいのかを想像してみましょう。なんだか抽象的になってしまう、もやもやする、という人が多いはずです。これまで仕事をした経験など皆ないのですから、しかたのないことです。しかし、ここをどれだけ具体的に描けているのかで勝負が決まることもあります。キャリアプランや将来設計はしっかりしておきましょう。

逆質問されたときの回答ポイント

最後に逆質問をされた場合の回答のポイントをご紹介します。

商品やサービスに関する質問

逆質問でよくあるのはその企業の商品やサービスに関する質問です。商品やサービスは企業独自のもののことが多いですから、面接官から「よく研究してきているな」「自社の事業にちゃんと関心があるのだな」と評価してもらえる可能性があります。しかし商品やサービスに関する質問は、企業目線でする必要があります。その企業に入社したいと思うならお客様ではなく、作り手を意識した質問をしましょう。

入社後の具体的な流れなど意欲をアピールできる質問

具体的な仕事の流れに関する質問は就活生にとって一番無難なものでしょう。内定後の具体的な流れや、新入社員の研修の内容など質問できることははたくさんあります。平均的な1日のスケジュールを聞くというのでも良いでしょう。重要なのは質問の内容ではなく、面接官に入社後、一緒に働いているところを想像してもらえるように話すことです。とても難しいことのように感じるかもしれませんが、最終面接ですから想像を限界まで引き出す必要があるということです。

まとめ

今回は最終面接で見られるポイントと準備についてご紹介しました。最終と考えると緊張してしまうという人も、しっかり準備して臨めばちゃんと面接官に熱意が伝わります。反対に最終まで来たら大丈夫でしょと考えている人は後悔のないように今から対策していきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る