目次

就活は髪色で左右されることがある?

多くの就活生は、エントリーシートや欲望動機など「なにを伝えるか?」に注目しているが、就活は「髪色で左右されることがある」という点で意識しておきましょう。スーツの着こなしや女性の場合にはメイクの仕方など印象に関わるマナーもたくさんありますが、髪色は「相手にどんな印象を与えるか?」を決める最重要項目と言って過言ではありません。

グループディアスカットや面接など、ある程度人が絞られた選考に参加する前には、髪色をチェックし、「どんなふうに見えるか?」と自分を客観視する週間をつけておきましょう。

就活の髪色はレベル8がマナー?

就活における髪色のマナーは、レベル8くらいが基準になるとされています。イメージとしては、室内でも「あの子染めているな」と誰もが分かるくらいの明るさです。そして、「真っ黒であれば誰でも高評価に繋がるか?」というと決してそうではありませんので、要注意です。

もちろんある程度の清潔感を感じてもらえるよう、しっかりとした身だしなみをしていることが前提になりますが、特にロングの女性の場合には「敢えてレベル8くらいに調整」したほうが良いでしょう。

就活の印象とは、「◯◯過ぎる」と見られることがマイナス評価に繋がります。例えば、ロングの女性が真っ黒に染めていると、「暗すぎる」という印象から「静か過ぎる」などのマイナスな印象を紐付けられてしまうことがあります。そのため、男性でも女性でも自分の髪の長さと髪色のバランスを調整することで、快活な印象を盛ってもらえるようにすることがベストと言えるでしょう。

業界や志望企業を分析して髪色を変える?

もちろん極端に明るいなど、誰が見ても「個性的過ぎる」場合は例外になりますが、レベル8前後であれば業界や人事担当者を分析し髪色を変えることで、就活を有利に進めることも可能になります。

アパレル業界に務めたいという志望がある場合には、選考基準の1つとして「ファッションに関心があるかどうか」が必ず存在します。その選考にレベル8以下で挑んでしまうと、ちょっと物足りないと感じられてしまうでしょう。

また、割りと年配の方を相手にすることが多い不動産関係の業界では、レベル8でも明るすぎます。アパレル業界と比較した場合に、ファッションに関心があるかどうかよりも落ち着きを重視する傾向にあり、自分らしさをアピールしてしまうとマイナスに作用すると考えた方が無難です。

そして、志望する業種によっては身だしなみが関係ないと考えている就活生も少なくありませんが、会社の顔になるのは営業だけではありません。極端に言えば、お客さんと交渉をしない事務であっても、社会人に変わりありません。身だしなみに興味がない場合には、最低限清潔感だけは感じてもらえるように髪色などに目を向けてみましょう。

髪色は自分で染めてしまって大丈夫?

色が抜けてしまいやすく、頻繁に染めなければいけないため予算がかかりすぎるという場合以外は、絶対に美容室で染めてもらいましょう。美容室も出るだけスタイリストが多く、人気のあるお店がおすすめです。その理由は、「プロにアドバイスを求めることができる」からです。

美容室はなにも、「可愛くしてもらいたい女性だけ」が行くところではありません。男性でも、どんな印象をもってもらえるかを一緒に考えてもらえるところです。そのため、印象で左右されてしまう就活においては非常に強い味方と言える存在です。

そして、特にアパレルに務めたいと考えている方とっては、企業こそ違えど同じ業界に務めている先輩と言うこともできる存在です。選考に参加するにあたって、「この髪色ではどうでしょうか?」とスタイリストに相談すれば、自分の経験を踏まえたアドバイスを送ってくれるでしょう。

また、いつもお世話になっているスタイリスト以外にも、その場でアドバイスを求めましょう。例えば女性が同性のスタイリストに髪色を調整してもらう場合には、「面接に行かなければいけないので、店長にも見てもらえますか?」と頼んでみましょう。店長が同性か異性か分かりませんが、男性であれば女性の、女性であれば男性の最年長の方に意見を求めることで、就活で損をしないためのアドバイスをもたうことができるはずです。

髪色はいつごろまでに調整すべき?

髪色は選考に参加する2週間前を目処に整えておくようにしましょう。もちろん人によりますが、せっかく好印象を与えられる状態にしたとしても、選考に参加するタイミングまでもたなければ無意味になってしまします。特に髪色が抜けてしまいやすい方や髪の毛が伸びやすい方などは、一ヶ月くらいでプリン状態になってしまうなど、状態が崩れてしまう可能性もあります。

このようなそれぞれの諸事情を加味すると、企業の志望度に応じて、「面接に参加することが決まった段階で美容室に行く」という習慣をつけておくのがベストと言えそうです。とりあえず企業にエントリーしたてみたら、思ったよりも面接に参加する機会が多いという方は、「この会社に行きたい!」と意気込める企業の面接通知があったタイミングで美容室にも行くというイメージで良いでしょう。

就活で損をしない髪色にするためのポイント

レベル8がひとつの基準になる

就活における髪色はレベル8がひとつの基準となります。ほとんどの企業や業界では、レベル8以上にしてしまうと「明るすぎる」という印象をもたれますので要注意です。また、業種としても事務や設計などの落ち着いた仕事を志望している場合には、さらに低いレベルの髪色が無難です。

業界を分析して髪色を調整する

業界のリサーチを通じて髪色を調整するという考え方も大切です。特にファッションへの関心を選考基準とする業界に進みたいという方は、意識しておくだけで就活をスムーズに進めることができるでしょう。ただし、それ以外の業界では、まだ「髪色のマナーを守ることが当たり前」とする傾向の方が強いため、レベル8という基準を守った方が無難と言えそうです。

面接に参加する2週間前を目処に美容室に行く

志望度の高い面接のお知らせをもらったら、美容室で髪色を整えてもらいましょう。個人差があるため2週間を目安にしていますが、面接の日付や髪色のレベル、長さなどをスタイリストに相談するようにしましょう。また、異性のスタイリストにも意見を求め、失敗のない髪色に調整してもらいましょう。

まとめ

思ったよりも就活でお髪色が重要であることはお分かりでありましたかと思います。ただ、就活生の段階で、いきなりマナーをすべて守ることはできないことも理解しておきましょう。自分には工夫印象をあげることも重要ですが、それ以上に美容室を活用するなどの手段で周りの声を取り入れることが大切です。

面接などで話す前にマイナスにならないように、しっかりと髪色を調整する、就活に挑むことをお勧めします。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る