目次

2019年卒がOB訪問を始めるべき時期

いよいよ2019年新卒のOB訪問が動き出す時期が近づいてきています。今の就活ではインターンを昔以上に活用しているようです。どんな時期にOB訪問が活況となり、企業が準備することを事前にに知っておきましょう.OBOGも一人の一社員です。どんなタイミングでいけばいい話が聞けるのは知っていると知っていませんが大きく変わってくるでしょう。

 

OB訪問のピークの時期

OB訪問はいつから始めるのはいいのでしょうか。率直にいうと、みんなが就活を始め出す、1ヶ月半前くらいにからスタートしておいた方がいいでしょう。基本、OB訪問のピークは本選考の2〜3ヶ月前と言われています。2019年新卒採用の本選考が6月スタートであるためその前と考えると、3〜4月くらいがいいと言われています。このくらい余裕を持ってOB訪問をセッティングしていかないと、会いたい人に会えなかったり、うまくことが運べないケースも出てきます。

ピークよりも早めに開始するのが◎

ピークよりも早く開始することのメリットとして、OB以外の他の社員の紹介をそてもらえることがあります。先輩としてフラットな姿勢でいろんな社会人の方のコネクションを作ってくれたり、いいOBに当たればそういうことをしてくれるケースがあります。OB訪問のピーク時期は5月頃だと言われています。6月の本選考の前に開催しているので5月が活況の最後の時期となります。そのピークになるより前にOB訪問の依頼をしていく方が間違いなく得策です。ピーク時を避けるメリットとしては、時間にゆとりがあることが多いので、OBOGが丁寧に時間をゆっくり使って対応してくれます。ここで聞きたい質問をしっかり用意していく学生がその後の就活もスムーズに運ぶもことができるでしょう。余裕を持った行動は勝利への鍵です。

 

 

早めに開始した方が良い理由

ここではOB訪問をピーク時よりも早めに開始した方がいい理由を述べていきます。先に行動することは、何をするにも得をすることが多いのです。OBOG訪問のピーク時とピーク時の前での違いは大きくあります。

 

OBの予定が埋まってしまう

ピーク時に入ってしまうと、OBの予定が埋まってしまうケースが非常に多いです。そうすると、自分が聞いてみたい話を聞ける機会が減ってしまったり、会いたいと思っていた人のアポイントがなかなか取れなかったり、予定が合わなくなる確率が上がってしまいます。ピーク時よりも前に行動することでスムーズに予定を合わせることができるので、一歩先の行動を心がけましょう。

最初のほうが丁寧に対応してもらえる可能性あり

もう一つ、早めに開始することのメリットは予約を最初の方にしていた方が丁寧に対応してくれる可能性があることです。ピーク時はOBの方々も仕事をしながた学生の対応をしていくため、忙しくなります。そうすることで一人に割ける時間が限られてくるのです。そうすると、思ったより話を聞けなかったというケースも頻発します。そのため、最初に予定を合わせていた学生の方が丁寧に対応してくれたり、他の人を紹介してくれたりいろいろ尽くしてくれるものです。

 

先手必勝。これはOB訪問でも通づることです。就活において様々な段取りがある中で、Ob訪問は全ての就活生が取り組んでいるわけではありません。差をつける一つの手段であるのでその中でも抜きに出るためには、ピーク時よりも前に行動して、OBOGをしっかりと押さえて実のあるOBOG訪問にしていきましょう。

アポイントメントは何日くらい前に依頼すれば良いのか?

 これまでOBOG訪問の適切な時期をお伝えしていきましたが、実際にアポイントを取るのは何日くらい前にすればよいのでしょうか。早すぎても急すぎても失礼にあたるので、実際にどれくらいの時期にアポイントを取るべきかを紹介していきます。

 アポをとるのに適切な時期を

アポイントはどのくらい前に取るべきなのでしょうか。平均的にいいといわれるのが2週間前です。一か月前だと早すぎで、1週間前だと遅すぎるようなイメージでいましょう。さらに、12時〜13時の時間はお電話はしないでおきましょう。なぜならお昼に外出していることが多いので、この時間を外しておくのがベストです。もし電話やメールをする場合も営業時間内、大体9時から18時を目途に連絡をするとよいでしょう。

 

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る