目次

業界とは

そもそも業界とは何かを指す言葉なのですか」「業種」とは違いがあるのです。ここでは業界という言葉について見てきましょう。

業界=企業群 

そもそも業界とは何かしょうか。業界とは、社会的に果たしている職業で企業を分類したことの区分のことです。多くはお金をどのように得ているのでしょうかビジネスモデルによって分けられています。たてえば、もを造り販売している企業は製造業に、商品を流通させ販売する企業は流通業になります。

「業種」とはどう違うの?

業種は業界と似た言葉ですが、少しだけ意味が違います。業界が産業そのものを意味するのに対して、業種はその企業が担っている役割のことを指します。その企業がどのようなビジネスモデルを持っているのかで業種は変わってきます。業種と業界、どちらも同じようなものではないかと思う人もいるかもしれませんが、厳密には違うものですから注意しましょう。

8つの業界とは

 業界にも様々なものがあります。業界はこの他にもありますし、読んでいて「この区分はおかしいのではないか」と思う人もいるはずです。業界の捉え方、区分の仕方は人によって異なります。ここでは就活中によく聞く8つの業界をご紹介します。

メーカー  

メーカーとは、簡単にいってしまえば、「日常生活に欠かせないものを造り、販売する」業界のことです。日常生活に欠かせないものは数えきれないほどあります。自動車から家電製品、文房具、食品まで、必要なものは何でもメーカーが関わっていると考えてください。メーカーは比較的大手企業の多い業界です。中小企業でも、縁の下の力持ちのような重要な役割を持っている企業がたくさんあります。国際競争が激しい業界ですが、いったん入ってしまえば安定していることが多いため就活生には人気の業界です。

流通・小売り  

流通・小売は、適切な時に適切な量の商品を市場に流通させ、消費者に商品を販売する業界です。スーパーマーケットやコンビニエンスストア、家電量販店などが小売と呼ばれています。商品の仕入れや物流、店舗運営など様々な仕事があるのが特徴的です。最近では実店舗だけでなく、インターネットと組み合わせた流通のしくみが開発されています。国内では市場が縮小するなどして苦戦していますが、海外進出している企業も多くなっています。

サービス  

サービス業はとても幅が広く、つかみどころのない業界のように感じるかもしれません。コンサルティングや介護、旅行、ホテル、学習塾、人材サービスなどがサービス業に区分されます。人を相手に仕事をする分、他の業界と比べて残業時間などが厳しくなっていますが、人と接することが好きという人には向いている業界といえるでしょう。女性が多く活躍している業界で注目度は高いです。拘束時間が長く、給与がそれほど高くないということが昨今社会問題となっています。

マスコミ  

マスコミは、商品やサービスなどを消費者に宣伝することで収益を得るビジネスモデルを持つ業界です。テレビ、新聞、出版、広告はマスコミ業界に分けられます。この業界は志望者が多く、例年狭き門となっています。年収は他の業界に比べて高くなっていますが、長時間労働となることが多いため志望者にはバイタリティーが求められます。最近ではインターネット上でニュースを流したり広告を制作したりすることで、事業範囲を広げている企業が多くなっています。

商社  

商社と聞いただけでは何をしている業界か分からないという人が多いのではないでしょうか。商社には、企業向けに商品の素材や機械を扱う「専門商社」と、事業会社への出資や権益の獲得によって収益を上げていく「総合商社」があります。商社は子会社に事業を任せ、出資や人材の派遣を通して儲けています。大手企業が多く、安定して働ける環境であることがほとんどです。その分就活生からの人気は高く、マスコミと同様に、倍率の高い業界となっています。

金融  

金融業界は、基本的には銀行や信用金庫など、必要なところにお金を回す役割を持つ業種の企業群ですが、広義には保険会社や証券会社なども含むとされています。金融商品を販売したり、資金を提供、運用したりするビジネスです。金融業界に属する企業は高い資金力を持っていることが多いため、安定して働くことが可能です。しかし転勤が多いこと、外部出向の機会が多いことをネックに感じる就活生も少なくはないようです。それでもキャリアの選択肢は幅広く、福利厚生などもしっかりしているため、志望者の多い業界の一つとなっています。

ソフトウェア・通信  

ソフトウェア・通信はインターネット上の情報やコンピューター関係の商品を取り扱う業界です。「IT業界」と呼ばれることの方が多くなっています。スマートフォンなどの端末で動かすことのできるアプリケーションの開発、ネット・電話回線を扱うプロバイダーもソフトウェア・通信業界に含まれます。この業界はここ数年の間に急成長を遂げました。比較的新しい企業が多いのが特徴です。まだまだ不安定な業界ではありますが将来性は期待できます。

官公庁・公社・団体   

官公庁・公社・団体とは具体的にはどのような業界なのでしょうか。公務員を考えているという人にはなじみ深いものかもしれません。しかし一般企業を受ける人からすると何をしているのか分かりづらい業界なのではないかと思います。官公庁は国を動かしている政府機関や地方公共団体の役所のことを指しています。公社・団体はNPO法人や協会などのことです。公社・団体は非営利団体であることが多いため企業ではありません。古くからあるところは安定していますが、年収はあまり高くない業界です。理念などに共感した人が受ける傾向にあります。

業界研究とは

 業界研究とは、志望している企業が属している業界の情報を集め、分析することです。企業研究と似ている部分もありますが、それよりもはるかに広い範囲の情報を集め、業界全体を俯瞰するという目的があります。業界の社会的な役割やビジネスモデル、その中にある企業の立ち位置などを理解することでエントリーシートや面接の対策に役立てていきます。基本的にはノートなどに情報をまとめていきますが、自分のやりやすい方法で研究すると効率が良くなります。業界研究は就活においては基本的なことですので、しっかりとするようにしましょう。

業界研究の手段

業界研究は情報を集めていくことです。では業界の情報はどこから集めてくれば良いのでしょうか。

就活情報サイト

業界研究を始めるのに一番手っ取り早いのは就活情報サイトから情報を集めることです。マイナビやリクナビといった大手求人サイトから、就活生向けのメディアまで様々なサイトに業界のデータが載っています。特に最近の傾向を掴みたいという人にインターネットを使った業界研究はおすすめです。もちろん複数の方法で集める必要はありますが、「業界研究なんて何から始めたら良いか分からない…」という人はインターネット自分の志望いている企業がどの業界に属するのかを調べてみましょう。  

会社説明会  

会社説明会も業界研究に使える情報が得られる機会です。企業説明会のような特定の企業の説明会は、同じ業界に所属している他社と比較することが難しいですが、合同説明会のような場では複数の企業の情報をいっぺんに集めることができます。説明会ではインターネットで調べても載っていないような情報が得られる可能性があります。就活が始まってすぐに説明会は実施されますから、機会を逃さず、就活のヒントとなる情報収集だと思って参加してみましょう。

業界地図などの書籍    

業界地図などの書籍も業界研究では大変役立ちます。数年前まではインターネットではなく、書籍を使った業界研究が主流でした。今でも就活の時期になると業界に関する本がたくさん発売されています。インターネットや説明会で情報を集めるのも有効な手段ですが、書籍の方が業界が網羅されているため、社会の動きや企業のしくみが俯瞰しやすくなっています。複数の業界に興味がある、まだ業界を絞っていないという人は書籍から業界研究を始めてみると良いでしょう。

まとめ

今回は業界な基礎知識と業界研究についてご紹介しました。まだ特に業界を絞っていない人も、すでに行きたい業界が決まっているという人も、業界研究をすることで新しい視点を持つことができます。まだ研究していないという人は今からでも遅くはないので一歩ずつ進めていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る