目次

スーツ

スーツは男女ともに、さまざまな種類のものがあります。しかしスーツにも就活向きのものとそうでないものがあります。まったくスーツについて見てきましょう。

スーツは男女ともにリクルートスーツがおすすめ

男性の場合も、女性の場合も、スーツはリクルートスーツをおすすめします。リクルートスーツというのは基本的には黒地のスーツのことです。男性の場合は紺色のものもありますが、黒地の方が無難です。就活の時期なると、大手の洋服店ではリクルートスーツのキャンペーンがありますからそれを利用すると良いでしょう。スーツは自分の身体にピッタリのものを選ぶことがポイントです。お店ではサイズを合わせて選ぶことが可能です。通販などは使わず、必ず試着してから購入するようにしましょう。

シャツ

次にシャツを見ていきます。

シャツは基本的には白いものを

ワイシャツは基本的に、白いものならOKです。男性の場合はレギュラーカラーのものが無難です。タブカラーやワイドカラータイプのシャツは採用担当者から生意気と捉えられる可能性がありますから避けるようにしましょう。女性の場合もレギュラーの襟が良いとされていますが、最近では襟がスーツから出ているスキッパー型のシャツが活発な印象を与えるということで人気となっています。白色で無地、あまり派手な印象を与えないものにしましょう。

ネクタイ

続いてはネクタイです。

ネクタイは与えたい印象によって選ぶ 

ネクタイにはさまざまな種類があります。柄ですと、レジメンタルやストライプといった縞模様、小紋・クレストなどドットの模様などがあります。色はえんじ、紺、淡い黄色、水色などがあります。柄や色によって採用担当者に与える印象は多少異なります。また、人によって似合うものは異なります。もしもネクタイ選びに困ったら専門店で店員の人に選んでもらうことをおすすめします。ネクタイには結び方が何通りかありますが、どの結び方でもOKです。 

髪型

髪型は多くの就活生の悩みとなっています。ここでは基本的な髪型の考え方についてご紹介します。

清潔感・フレッシュさを出す

髪型は就活生の多くが迷うところですが、基本的には清潔感とフレッシュさを押さえていれば大丈夫です。男女ともに前髪は目にかからないようにします。女性は、長髪の場合は後ろで束ねる、短髪の場合は寝ぐせなどに注意してセットします。男性はワックスを使い、就活用の髪型をつくります。ツーブロックと呼ばれる髪型が一時期流行りましたが、これは賛否両論ある髪型ですので避けるようにします。髪型は第一印象に直結しています。良い印象を持ってもらえるよう清潔感とフレッシュさを出せるように日ごろからセットの練習をしましょう。

靴下・ストッキング

靴下は黒か紺でくるぶしの隠れるものを

靴下はくるぶしの隠れるものを選びましょう。くるぶしが出るスニーカーソックスなどはスーツのすきまからチラリと足首が見えてしまいます。「社会人としての意識はあるのか」と思われかねないのでスーツから肌色が見える靴下は避けるようにしましょう。また、靴下の色は黒や紺など暗めの色のものにします。白は社会人としてはあまり無難とはいえません。普段履くような柄のあるものや透けるものは論外です。必ず足首の隠れる暗い色のものを選んでください。

ストッキングは肌色のものを

ストッキングは肌色のものを選びましょう。冬になると黒の分厚いものを履きたくなってしまいますが、就活では肌色のものが無難です。寒いと感じる場合はスカートではなく、スラックスを履くなどして対処しましょう。また、伝線したストッキングは使いまわさないようにします。ストッキングは消耗品ですし、すぐに破けてしまいます。「もったいない…」と思う人もいるかもしれませんが、伝線したストッキングは採用担当者から良くない印象を持たれる可能性があります。なるべく新品に近い、しっかりとしたものを履きましょう。

男性は革靴を

男性は革靴を履くようにしましょう。スニーカーや運動靴での就活は基本的にはNGです。私服可の場合や指定がある場合以外は革靴で就活を進めていきます。革靴は素材が硬いため靴擦れしやすくなっています。自分の足にピッタリなものを選び、それでも靴擦れしてしまうようならサポーターや中敷きを使うなどして対処しましょう。スーツを売っているお店では革靴の取り扱いがあります。スーツを購入する際、セットで靴も揃えておくと良いでしょう。

女性はヒールのあるものを

女性はヒールのあるものを選びましょう。ヒールが高すぎるのも問題ですが、低かったり、ぺたんこだったりすると、「楽をしている」と捉えられる可能性があります。高さは他の就活生の様子などを伺いながら購入することをおすすめします。また、就活では黒のパンプスが一般的です。茶色や紺といった選択肢もありますが、なるべく黒のものを選ぶようにします。革靴と同様、スーツを取り扱っているお店で購入できます。自分の足のサイズに合うよう必ず試着してから購入するようにしましょう。

小物類などその他

バッグはしっかりした作りであまり目立たないものを

バッグはしっかりした造りのもので、あまり目立たない黒や紺のものを選びます。黒色のものであっても「それは就活向きではないのでは」と思われかねないような普段使いのバッグを持ち歩いている人が中にはいます。就活向けのバッグは高価でなかなか手が出にくいという人も、今後のことも考えてなるべくスーツと同じタイミングで購入することをおすすめします。また、就活中は書類やパンフレットをたくさんもらうことになるため、なるべく容量の大きいバッグを購入すると良いでしょう。

時計はTPOをわきまえたものならなんでもOK

就活中に身につける時計は、基本的にはどのようなものでも構いません。しかし華美なものや誰から見ても派手なものは避けるようにしましょう。スーツに合う時計ですから、黒や紺、茶といった暗めの色のバンドがおすすめです。試験などで会場に時計がない場合、腕時計を使うことになります。そのとき、電卓機能の付いたものや音の鳴るものは不可になるため、就活中に使う腕時計は秒針の読み取れる、機能のシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

コートは温度調節ができるものを選ぶ

コートは、ベージュや紺、黒などさまざまな色があるため、「どれが良いんだろう…」と悩んでしまう人が多くいます。しかしコートに限ってはどのような色でも大丈夫です。それよりも重要なのは「体温調整が可能かどうか」です。人によっては1年間就活を続けることになります。冬場は厚手のものでも良いのですが、春先や秋口は体温調節が難しくなってしまいます。最近では裏地の取り外しが可能なコートが売られています。体温調節をしやすいコートを選んで体調を崩さないようにしましょう。

私服指定のときはどうすればいの?

最近では私服でも良いという企業が増えてきました。しかし就活生はどのような恰好をすれば良いのか悩んでしまいます。ここでは私服の場合どのような服装をしたら良いのか考えていきます。

「私服可」の場合

企業によっては「私服可」「私服でも構いません」と事前に連絡してきます。このような場合はもちろん私服で構いません。「スーツで行ってはいけないの?」と思う人がいるかもしれませんが、「私服可」=「私服でも構わない」という意味なの、でスーツで行ったとしても特に問題はありません。人によっては一日のうちに何社もハシゴしなくてはならないため、私服可であってもスーツの人はいます。そのようなことも考慮した上での「私服可」なのです。

「私服指定」の場合

「私服可」「私服で構いません」という場合は私服で良いのですが、「私服指定」の場合はスーツは控えましょう。というのも、私服を「指定」してくる企業には私服で来てもらう意図があるからです。ありのままのあなたが見たいということもあれば、服装から社風に合うかどうかを判断するということもあります。企業によって理由は様々ですが、私服を指定されている場合はスーツではなく必ず私服で行くようにしましょう。

私服の場合は「オフィスカジュアル」を意識する

私服で行く場合はどのような服装をしていけば良いの?と思っている人も多いでしょう。私服に迷う場合は「オフィスカジュアル」を意識して服を選ぶようにするとうまくいきます。オフィスカジュアルは、男性の場合はチノパン+ジャケットというスタイル、女性の場合はワイシャツにスカートというスタイルが一般的です。あまり派手にはならず、あくまで企業に伺うのだということを意識した服装を心がけるようにしたら完璧です。

まとめ

今回は就活中の服装についてご紹介しました。スーツから小物まで、ほとんどのものは専門店で入手できます。就活が本格的に始まる前にしっかり用意しておきたいものです。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る