目次

超基本!インターンの自己PRの書き方

自己PRの書き方を見ていて前に、エントリーを記入する際の基本事項を確認していきましょう。

丁寧な字で書く

エントリーシートは必ず丁寧な字で書きましょう。そんなこと当てて前にして思うかもしれませんが、エントリーの期日が迫ってい、たくさん書かなくてはいけなかったすると、いつかを抜いてしまいがちです。電車の中でカバンを下敷きに書いている人もいます。読んでくい字、汚い字のエントリーは企業に対して失礼です。中身を読まないで捨てられてしまう可能性もあります。エントリーシートは丁寧ですに書くことを心がけしょう。

誤字脱字に注意する  

記入するときは誤字脱字に気を付けましょう。普段から使っている言葉でも誤用していることがあります。また就活で使う用語、たとえば「御社」と「貴社」の言葉の違いなどには特に注意を払う必要があります。エントリーシートの誤字脱字は企業の採用担当者に「手を抜いているのかな」と思われる原因になってしまいます。エントリーシートの内容を考えながら書くとき、誤字脱字は多くなります。エントリーシートを記入するときは下書きをしてから清書するようにしましょう。

ボールペンで書き、修正液は使用しない  

エントリーシートは必ずボールペンで書きます。就活中に記入する書類は全てボールペンを使用するのが常識です。また、エントリーシートを書き損じた際、修正液を使うのは避けるようにしましょう。これも就活に限らず、重要な書類を書くときのルールです。誤字脱字と同様に、下書きをしてからボールペンで清書するようにすれば、書き損じは防ぐことができます。企業の配布するエントリーシートは自分で印刷するものなど、予備をつくることができる場合が多いですから、書き損じたときのためにエントリーシートは多めに持っておきましょう。

エントリーシートは企業へのラブレターだと思って書く

インターンシップであろうと就活であろうと、エントリーシートは企業へのラブレターです。あなたの思いを企業へ伝えるにはここまでご紹介してきた「丁寧に書く」「誤字脱字をしない」「ボールペンで書く・修正液を使わない」などの基本ルールを守ることが必須です。それよりも先にあるは「あなたの熱意」や「志望動機」をアピールすることです。このことを忘れてしまうとちぐはぐなエントリーシートとなってしまいます。基本事項守ることはスタートラインに立つことと同じです。エントリーシートは企業へのラブレターであることを忘れないでください。

自己PRの考え方

エントリーシートの書き方を見てきたところで、今度は自己PRの考え方をご紹介します。

自分史などで過去の経験を整理する  

自己PRを考えるときは、最初に自己分析をして自分の強みとなる部分を見つけていきます。自分史は時系列に沿ってこれまであなたが経験してきたことを書き出したものです。小中学生の頃からでも良いですが、基本的に就活に必要なのは大学生活の中での体験です。書き出すことはサークルやアルバイト、授業、ボランティアなど人によってさまざまです。一つだけでなく、できるだけたくさん経験してきた出来事を書き出して自分史を作っていきましょう。

自分の強みや性格を書き出す  

自分史がある程度完成してきたと思ったら、次にその出来事や経験の中から自分の強みや性格と呼べるものを見つけていきます。「強みって何だろう?」「言葉にするのは難しい」と思う人もいるでしょう。そんな時はインターネットなどで強みとなりそうな言葉を探してくると良いかもしれません。たとえば、アルバイトで接客をしてきたという人はコミュニケーション能力の高さが強みといえるでしょう。サークルで飲み会の幹事をしていたという人はリーダーシップが強みとなります。このようにこれまでの経験や出来事に共通する得意なこと、好きなことの中から自分の強みを見つけていきます。

強みが発揮されたエピソードを具体化する

強みとなるものが見つかったら、その強みにまつわるエピソードを具体化・強化していきます。エピソードというのは先ほど書き出した経験や出来事のことですが、「そこから学んだこと」「考えたこと」を加えてストーリーとして仕上げていきます。人は経験することによって成長していく生き物です。自己PR=強みと考えると、強みに説得力を持たせるにはエピソードの強化が必要なのです。一つの強みにまつわるエピソードは基本的には一つにします。その方が採用担当者の印象に残りやすいからです。

自己PRにまとめる   

最後に、これまで書き出してきたものを自己PRにまとめていきます。流れとしては「強み」「それが強みと呼べる理由・エピソード」「今後どのような場面で活かせるか」の順になります。まとめるときのポイントは強みは簡潔に述べ、理由やエピソードを一つに絞ることです。採用担当者の心に留まる自己PRを書くには独自性が必要となります。みんなが体験しているようなことを書いても意味がないということです。あなたの強みが発揮されたのはいつ、どのような場面でしたか。少ないスペースの中で最大限のアピールができるよう、一つ一つの言葉を慎重に選んでいきましょう。

自己PRを書く時のポイント

エントリーシートに自己PRを書くときのポイントをご紹介します。

結論は最初に書く  

自己PRだけでなく、エントリーシートに記入するものは必ず結論から書いていきます。普段書く文章は結論が最後に来ることが多いはずです。しかしエントリーシートでは結論を最後にしてしまうと、何を言いたいのか伝わらず、印象に残らない可能性があります。自己PRの場合、結論となるのは「私の強みは〇〇です」という一文です。これはシンプルであるほど力強いものとなります。これを冒頭に持ってきて、そこから強みといえる理由などを具体的に書いていきます。

エピソードは具体的に  

自己PRのエピソードはできるだけ具体的に書いていきます。前にもお伝えしましたが、その方が採用担当者の目に留まりやすいからです。少ないスペースの中で濃いエピソードを語るには2つポイントがあります。1つは「数字の変化など結果の分かりやすいものを書く」です。努力した結果、どれくらいの変化があったのかを数値にできると具体的なエピソードといえます。もう1つは「5W1Hを意識して書く」です。これを意識するだけでエピソードは詳しいものになっていきます。

エピソードから学んだことを伝える  

自己PRを書くときは必ず「その経験から学んだこと」「考えたこと」を盛り込むようにします。その方が説得力のあるアピールができるからです。反対に経験したことだけを並べても、そこから学んだことを読み取れない場合はアピールできていないことになります。採用担当者が自己PRの中で一番重要としているのはこの部分といっても過言ではありません。その経験の前後で考え方が変わったというものでも構いませんから、経験から得たことを書きこむようにしましょう。

強みがどうインターンで活かせるか伝える   

最後に、「強みをインターンシップのどの場面で活かせるか」を書いていきます。この部分が書かれていないと、自己PRする意味がありません。インターンシップの内容を照らし合わせたとき、あなたの得意なこと、好きなことが強みとして発揮できる瞬間を必ず見つけられるはずです。なぜなら、そのインターンシップを受けようと思った段階で、無意識のうちに自分の強みと結びつけて決めているからです。「こんなことができたらいいな」「これならできそう」という気持ちから、あなたの強みが発揮できる場面を想像してみましょう。

自己PR例文 

協調性

「私は誰とでも話をすることが得意です。初対面の人でも、深く濃い話ができます。大学2年の夏から現在まで所属しているマスコミ研究会では、1年に4回、新聞を発行していました。初めてその活動に参加したときは、あまり人と話すことは得意ではありませんでした。どんな話をしたら良いのか分からず、取材をしても聞くべきことを聞き出せないこともありました。しかしそれでは志望していたマスコミ業界で働くことはできないと思い、取材の得意な先輩に同行させてもらいました。先輩は話すことよりも聞くことに力を入れているようでした。その後、一人で取材をするときはなるべく相手の話を注意深く聞くようにしました。すると、会話がうまく弾み、新聞の記事を書けるようになりました。貴社のインターンシップでは、スタッフにインタビューをし、それをレポートにまとめるというプログラムがあると伺いました。マスコミ研究会で培った傾聴力を活かしてプログラムに取り組めたらと考えています」

まとめ

今回はインターンのエントリーシートの自己PRを書く書くコツについてご紹介しました。インターンの選考も就活のそれと変わりありません。普段の自分を振り返って、強みとなるものを見つけていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る