目次

履歴書にメールアドレスは記載すべき?

採用担当者との連絡を行うとき、多少の場合は電子メールを活用すると思います。しかしながら、聞かれてもないのにメールアドレスを書き込むのはどういうのですかお思いの方もいるでしょう。に対して、個人のメールアドレスを記載するのはある方法もあるなくしません。それでは、メールアドレスを記載するかどうか見ていきましょう。

 記入欄がある場合

履歴書に多くをメールアドレスを記載する項目を作っています。大学独自の履歴書はほとんどの場合記入があるはずです。履歴書に記入欄がある場合、必ずメールアドレスを記載してください。基本的には、履筆書に空欄を作っていないということが当然前にあります、個人情報を隠すというのは不信感を与えかねません.1個人が1以上のメールアドレスを所持している現代で、メールアドレスを敢えて書かないというのは不自然です。必ず、記載するようにしましょう。

 記入欄がない場合

問題となるのが、記入欄がない場合です。就活生のほとんどとは、記入欄がない時に、メールアドレス無しで送付しています。メールアドレスは何ともして記述するように書かれますがありませんんでできれば、メールアドレスが記載できる履歴書フォームを利用するのが好きですが、例え履歴書のフォームとは別に、メールアドレスなどとは伝わるように書ばば問題はありません。電話番号の欄や住所欄の下にも、記載しましょう。採用担当者が不明な点があった時には、電話してツールがなくても時間を取られます、必ずその電話に出ると限りないように。メールと連絡手段がありば、少しから連絡があるはずです。

結論を述べると、どのような状況でもメールアドレスを記載した方が良いということですね。履歴では必ずメールアドレスを記載するように心掛けましょう。

就活で使用すべきメールアドレスとは

では、就活でどこのようなメールアドレスを使用するだろうか?それは以下の4点に気を付けてください。上から重要な順で書いていきます。

 いつでも受けることができるメールアドレス

これは就活において必ず言われるので、敢えて言及することではないかもしれませんが、いつでも受信できる、見ることができるメールアドレスにしてください。お持ちの携帯やスマホに転送機能が付いていたり、同じサーバーを使ってリンクしているものであればより良いでしょう。スマホでチェック出来れば、かなり便利ですよね。1週間に1度しか開かないPCのメールアドレスなんかはやめましょう。チャンスを逃してしまう可能性が高まります。

 大学などの分かりやすいメールアドレス

大学などで使用しているメールアドレスは @~~~-u.ac.jpとなっていると思います。新卒の就活生ではそれぞれ大学は異なるため、就職担当者が就活生かどうか判断しやすくなります。また、氏名や誕生日が記入されている電話番号も個人を特定しやすいですね。kohhei.ontaku0930@~~~.jpだとしたら、採用担当者は一目で個人を特定することができます。ランダムに与えられたasjdba983ekjlals@~~~.jpなどは非常に分かりにくく、登録も手間が掛かるのためにおすすめしません。

 恥ずかしくないメールアドレス

就職活動をしている人にこのようなアドレスを使用している人はいないと思いますが、しっかりと伝えておきます。Mayuko.love.ontaku@~~~.jpやf〇ckinng-world@~~~.jpというメールアドレスを使用している人がいたらどうでしょうか。会ってもいないにマイナスな印象を受けかねません。恥ずかしいメールアドレスを使っている人は静かに、就活用の新しいメールアドレスを作りましょう。

 

こんなメールアドレスはOK?

大学などのオフィシャルなメールアドレスはいつでも受信できない。という方もいるでしょう。そんなときは以下のようなメールアドレスを考えるでしょう。実際に使ってよいものかどうか、見ていきましょう。

 フリーメール

Gmailやyahooメール、outlook.comなど現在多数のフリーメールが存在します。結論から述べると、就活でどのメールアドレスもOKです。なぜなら、どれも一般的に知られており、ビジネスなどでも活用されているサーバーだからです。社会人が使っているのに、就活生が特異的に使えないということはありません。上記の気を付けるべき点を抑えたうえで、これらのメールアドレスを活用しましょう。

 携帯のメールアドレス

少し微妙なのが携帯会社のメールアドレスです。例として、@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@i.softbank.jpなどの携帯キャリア会社系のアドレスです。確かに“いつでも受信できる”という点においては群を抜いて秀でたアドレスかもしれません。なぜ、携帯キャリアが好ましくないかというのは決定的な理由があります。それは、セキュリティの問題です。携帯キャリアやユーザーの設定によっては、迷惑メールや多数に向けたメールをブロックしてしますというサーバーがあります。企業によってはブロックされてしまい、就活生に届かないといことがありえます。このような理由から、携帯キャリアおススメしないのです。永遠に採用試験通過メールを待ち続けながら一通も来なかったという人は、もしかしたらこのような理由だったのかもしれませんね。重ねて、採用担当者からすれば携帯キャリアのアドレスはプライベート過ぎて送り難いと感じてしまうかもしれません。キャリアアドレスは各人1つしか持てない貴重なアドレスですから、慎重に扱いましょう。“絶対に使ってはならない”とまでは言いませんが、おススメはしません。携帯は所持しているが、スマホやPCが使えない状況の人なら仕方がないと言わざる負えませんが、そうでない人は別のメールアドレスを使用しましょう。

まとめ

メールアドレスを伝えることに抵抗を感じていましたか。採用担当者は絶対に悪用しようとしているわけではありませんので、安心して記載するようにしましょう。記載欄が場合は、履歴書の住所欄の下でも、端っこでも良いので記載してください。そして、間違っても恥ずかしいアドレスや品性を疑われるようなアドレスは使用しないようにしましょう。どのようなサーバーを使っても良いですが、できれば周知のアカウントを就活用に作成することをお勧めします。就活生に内定通知メールが来ることを願っています。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る