目次

就活のインターンシップとは

「インタンシナップ」とは、学生と企業がつながり、就職活動前に学生が実際に仕事体験を体験できるものです学生、企業などで実習・研修的な就業体験を行う制度として、アメリカ・欧米ではかご主流な活動となっています。専門性の高い人材の育成・大手企業でも、キャリア教育の一環として日本でもあります普及してきています。最近ではインターンシップへの注目が高まって来ています。その理由を紹介していきます。

参加率増加

2011年3月に日本経団連による「倫理憲章の見直し」があり、インターンシップへのあり方が厳格化されました。一度、厳格化されたが、企業側のインターンシップへの体制が整い、参加率が増加していきました。文部科学省の調査によると、現在では4割の企業がインターンシップを実施、上場企業では約半数が実施しているという結果です。インターンシップが就職活動の一部になっているように感じます。

新卒採用の早期化・長期化

インターンシップが注目されている理由の一つに新卒採用スケジュールの変更が挙げられます。就職活動の長期化が、「学生の本業である学問に支障をきたす」という課題があり、採用広報・選考ともに後ろ倒しになりました。しかし、非経団連加盟企業の多くは、大企業に人材が持って行かれないために、人材確保のためにスケジュールを前倒しをして、その結果として新卒採用の早期化・長期化することになり、インターンシップが注目されるようになりました。早い段階で優秀な学生を取りに行く動きがインターンシップに現れているのでしょう。

 

インターンシップに参加するメリット

学生がインターンシップに参加するメリットを紹介していきます。就活においてインターンシップに参加している学生はそうでない学生に比べて就活に対する意欲やモチベーションが高いと見えます。その学生たちがインターンシップに参加するとどういうメリットがあるのでしょうか。

本選考の準備・練習になる

インターンシップに参加をすることで、本選考の準備になるのです。実際に企業に出向きホームページなどには乗っていない企業の中身や仕事内容に触れることができ、より密度の高い情報を得られることができます。さらにインターンシップにもグループワークや面接といったように、採用選考に近い形のものも体験することがあります。本選考に通づるものですと、インターンシップに参加するメリットは非常に大きいのではないでしょうか。

 

 本選考につながる場合がある

また、本選考につながる魅力的なインターンシップもあるのです。特に、大手企業のように応募人数は毎年何万人という大規模な企業ですと、インターンシップ参加を本選考に行ける条件とするところもあるのです。また、専門的な技術が必要な理系などの企業においてもインターンシップが本選考に繋がっているケースも多いのです。インターンシップにも難易度が大きく分かれており、誰でも参加できるもの、語学能力が必要なものなど様々です。自分の興味のある会社がインターンシップを開催していることが分かれば、エントリーすることをお勧めします。

 

インターンシップは意欲のある学生が事前に情報収集をして参加しているケースが多いです。就活の選考フローより前に行われているので、インターンシップの開催スケジュールをしっかりと押さえておきましょう。

インターンシップの種類

インターンシップには、いくつかの種類があります。種類というのは、実施している日時によって内容が大きく異なるということです。インターンシップは大きく三つに分けることができるのです。

1day

1Dayインターンを開催する企業の目的としては「学生との出会い」が大きくあります。会社の仕事に触れてもらい、より自社に興味を持ってもらうために施策、機会創出を意図しています。このインターンシップへの参加を機に就活生の応募意欲歓喜につなげていきたいという狙いでやっている企業が多いです。

 

長期

長期インターンの期間は3ヶ月〜半年ほどが一般的とも言われています。期間を事前に定めずに中には2〜3年に渡ることもあります。長期インターンは学生に実際の職場で業務を経験してもらうケースが多いです。長期間にわたって仕事を体験してもらうことでお互いのことを理解を深めることを目的としています。採用に意欲的な企業や、ベンチャー企業が即戦力の採用を目的として実施していることが多いのです。

 

短期

期間は1〜2日で、長くても3週間ほどになります。短期インターンは学生の夏休み・春休みなどの長期休みを利用して行われることが多く、その実施期間に合わせて「サマーインターン」「ウインターインターン」のような呼ばれ方もすることもあります。この短期間で、会社のイメージや環境を掴んでもらうような目的で実施されていることが多いです。内容としては、「セミナー・見学型」・「プロジェクト・ワークショップ型」のように大きく2つに分けられます。ワークショップ型ですと、学生同士でチームを組んで、課題に対してディスカッションやプレゼンをしてもらうような内容になっています。

インターンシップに参加必要な選考対策

 そもそもインターンシップって落ちるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実際に選考に合格した学生のみが参加を許されるものなのです。しっかり、それぞれの対策をすれば問題ありません。考えられるインターンシップの選考を紹介していきます。

 

エントリーシート

まずは、エントリーシートです。自分で文章を書くのはこの機会が初めてという学生も多いと思います。注意するべきこととしては、「自分の所属しているコミュニティの言葉は使わない」「ESで全て自分のことを伝えようとしない」「なんども読み返せば上手くなる」「他の人のESを読み返してみる」これらを押さえて上手く描こうというよりも、守るべきルールを守ることに徹しましょう。

面接

面接は本当に場数を踏むことが上達道です。このケースですと、準備するとしたら会社についてよく調べておくこと、インターンシップ参加動機を伝える、会社への質問といったところを自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

グループディスカッション・グループワーク

その場でアットランダムで組まれたメンバーでグループワークをやる場合もあります。その場でお題などを出せれて取り組むことがあるので、緊張しすぎて空回りすることのないように普段の自分自身のコミュニケーション能力を生かしていきましょう。

 筆記テスト

会社独自の試験・論文など出題形式は様々。中学生から高校レベルの学力を問われるWEBテストを実施する場合もあります。

 

インターンシップへの参加にも数々の選考がある場合もあります。それを通過した方が本選考にも通ずるようなインターンシップに参加することができるのです。

インターンの申し込み・選考時期

インターンシップの選考時期は企業によって異なることもありますが、大体決まっていることがほとんどです。就活のエントリー解禁のように大体的に公表荒れているわけではないので、自分自身でいつからインターンシップの募集をしているのか、事前にチェックすることが大切です。

 

選考の開始時期は早くても6月から!

早い所だと、6月から始まることがあります。特に、ベンチャー企業や外資系企業は早いので狙ってる人は注意が必要です。気づいたら終わっていたという声をよく耳にします。興味のある企業の情報収集は気にしておきましょう。人気の企業は非常に選考倍率が高く、倍率100倍というインターンもよくあります。6月から準備しているのではなく、4月、5月くらいからインターンも申し込みの意識をして対策を考えておきましょう。ESの申し込み締め切りを一覧で見れるサイトもあるので、チェックすることをお勧めします。

内定直結型インターンを開催している主な企業

 内定直結型インターンとは、本選考の一部に組み込まれているインターンシップのことです。インターンシップのパフォーマンス次第で内定を付与される可能性があるインターンシップ。内定直結型インターンのメリットとしては、本当にいきたい企業に絞って志望度を見極めることができるところ。さらにインターンに参加した方と有益な情報交換もできるので、とてもいい機会です。結局その企業にいくかどうかは内定をもらってから決めればいいので、企業と時間をかけて相互理解を深められるインターンシップとなっています。しかし、内定直結型インターンに参加するのには、それなりの選考を潜り向けないと参加できるものではありません。面接・書類・筆記試験と様々関門があります。どのような企業が内定直結型インターンを開催しているのか一部紹介します。

 

 

業界別内定につながるインターン一覧

■外資系投資銀行

JPモルガンマーケット(債権)部門、JPモルガン投資銀行部門、モルガン・スタンレー投資銀行/資本市場、モルガン・スタンレー債券:セールス&トレーディング、Merrill Lynch日本証券、シティグループ、ドイツ銀行、UBS証券

■外資系戦略コンサル

マッキンゼー&カンパニー、ベイン&カンパニー、ATカーニー、アーサーディーリトル、ローランドベルガー、アクセンチュア

■外資系総合コンサル

アクセンチュア、PwCコンサルティング、

■外資系メーカー

P&G、ユニリーバジャパン、日本ロレアル、ネスレ日本

■銀行

三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ

■証券

SMBC日興證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、みずほ証券

■保険

東京海上日動火災保険、日本生命保険

■日系コンサル

デロイトトーマツコンサルティング、野村総合研究所、経営共創基盤、ベイカレントコンサルティング、ドリームインキュベータ、コーポレイトディレクション、シグマクシス

■広告

電通、博報堂DYグループ、アサツーディケイ

 

他にも開催企業がありますが、大手企業・外資系企業が積極的に開催していることがわかります。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る