目次

就活を辛いと思う時

就職活動は、自分の社会人人生を決定するとも覚悟のある時期です。覚悟があるとは、精神的にもとてもつらいことです。今までの自分自身をアピールしても企業に求めてもらえないこともてさんはいくか思います。人事担当者に厳しいことを言われた、最終面接で落ちてしまった、就活はうまくいけないことがほっとんどだと言われています。ただ、忘れてはいけないのは戦っているのは自分自身以外の仲間もいるということ、就活は人生を決める大事な時期なのでちゃんと向かい合ってこれを忘れずに取り組んできましょう。とは言っても、人間は感情ある生き物です。綺麗事だと言っても辛い時は訪れます。就活で辛くなったらどうしばいいのか、その対策を紹介していきます。

選考落ちが続いた時

例えば、辛くなる時の一つに選考落ちが続いた時が挙げられます。選考落ちが続くと自分自身が否定され続けると感じる人も多いそうです。自分を認めてくれる環境はこんなにもないのか。と自己嫌悪に陥ってしまう方も中にはいます。就活が嫌になってしまう瞬間の代表的な時だと言われています。人間は人に認められると嬉しい生き物です。選考落ちが続いたとしても、その企業とは縁がなかったのだと、割り切り、切り替えが大切です。就活はほとんどの方が落ちます。内定とはほんの一握りの世界です。それだけ難関に挑んでいることを忘れずにいましょう。

友達と比べた時

もう一つ、辛いと思う瞬間によくあるのが、「友達と就活の進捗を比べた時」が挙げられます。よく、仲のいい友達が早くに内定をもらって自分だけ取り残されたと感じてプレッシャーや自信喪失になってしまうことを聞きます。そもそも、友達は友達で、あなたとは違う人生を歩んでいます。確かに友達は努力をして内定を得たに間違いはありませんが、あなたの人生とは別物なので、焦って落ち込んでも何も生み出しません。自分ができないから受かっていないのではなく、就活には時差だったり、選考スケジュールは人様々です。友達の内定は素直に喜んで、それを糧に頑張れるような気持ちにしていきましょう。

辛いのはみんな一緒です。周りをライバルだと思わず、仲間だと思うと気持ちが楽になると思います。

 

就活がうまくいかない人の特徴

就活は数をこなして選考に進めることは大切ですが、うまくいかない人にも特徴があるのです。ただがむしゃらに選考を受ければいいというわけではありません。きちんと守るべきことは守り、もし自分自身が以下の者にあてはまっていれば改善していくことを心がけましょう。

表情や態度がくらい

「暗い」。これは相手に悪い印象を与えてしまう代表的なものです。表情や態度が暗いと自信がなかったり、信用できなかったり悪いイメージが全面的に出てきてしまうので、表情や態度は明るくすることが大切です。就活生に求めていることとして、「元気で明るい」これはどの企業にも共通している大事な要件です。暗いことで、第一印象を悪くして、その後、面接でどんないい話ができても面接官には暗い人というイメージができてしまうので注意が必要です。面接では明るく、自信のある姿を演じることが重要です。その姿を人事担当者は見たいと思っているので面接前にトイレの鏡などで自分の表情を確認しておきましょう。

声が小さくて自信なさそう

面接において「声の大きさ」も非常に重要です。声の大きさは自信の表れだといわれているので、はきはきとお腹から声を出すように心がけましょう。声の小さくて聞き返されたり、誤って受け取られたりすることもあるので注意が必要です。仕事においても声が大きい人の方が好かれることが多いでしょう。

就活では「明るく元気で、自信のある方」を求めている企業が多いことがわかります。学生には即戦力よりも基本的な人間性・マナーの部分を評価していることが多いので、意識して置くことが大切です。声は大きすぎなくてもいいですが、ちゃんと相手に聞き取れるように声をはっきり出すことを心がけましょう。まずは表面的に出るあなたの印象は大切です。下を向かず胸を張っていれば自信が出ているように見えるので意識しておきましょう。

就活が辛い時には

就活をしていると誰しもが必ず壁にぶち当たります。そんな時にどのように自分自身で乗り越えていくかが大切です。下を向いて落ち込んでい続けても何も始まりませんし何も変わりません。人生山あり谷あり。つらいときは誰にでもあるのです。つらい時こそ、冷静に対処していけばそれを乗り越えた時に新たな成長を実感することができるでしょう。

辛いと感じていることを書き出す

まず、自分自身が何に辛いと感じているのかを、書き出してみることが大切です。辛いと感じているときに、何が原因なのか自分で突き止めてそこから対処していく方がいいでしょう。そのために、紙に自分が辛いと感じることを書き出して「見える化」をしていくとわかりやすいでしょう。何が辛いのか、書くことで頭の中でも自分の思考の整理する事にもつながるのでぜひ辛くなったときには書き出してみると良いでしょう。

信頼できる人に相談する

また、1人で抱え込まないことも大切です。人間一人ではなかなかうまく感情をコントロールしていきていくのが困難な生き物です。あなたの信頼できる人、親友・幼馴染・兄弟・両親・学校の先生等。あなたが何かあった時に相談に乗ってくれた人に相談すると楽になると思います。人は、1人で考えているとき、誰かに相談をすることで楽になれたりするので、それもしっかり話して楽になれる人に相談をすることが大切です。いいアドバイスが今後のあなたのモチベーションになるかもしれません。

 少し就活を休んで休憩する

もし、就活をしていて辛くなった時、少し休むことも大切な手段の一つです。リフレッシュして気分転換をすることも大切です。自分の好きな事、アルバイトをしたり、他の事を考えて気分を晴らしましょう。就活はモチベーションを高くいないと中々上手くいきません。きちんと切り替えて休む時は休むといったメリハリをつけることも大切です。

 

就活をしていて辛いと思った時は、これらの方法で乗り越えてみてはいかがでしょうか。自分に合う解消法を見つけて就活を乗り越えていってください。ただ、無理したりすると後々に響いてくるので気を付けて就活に挑みましょう。

 

もう一度就活を頑張ろうと思ったら

就活が辛くて一度休息していたり、断念してしまっていてもう一度就活を頑張ろうと思った時に何からスタートすればよいでしょうか。一度やめる前の気持ちに戻らないためにも、考えなどを一新することも重要です。気持ちを新たに就活を頑張ろうと思ったらこのような事に取り組んでいきましょう。

自己分析をやり直す

もう一度自己分析をし直してみて下さい。自分の欠点や弱みに気づいているかもしれません。逆に自分の強みや伸ばしたいところはどういうところなのか再度確かめて自分を見つめ直しましょう。

本当に自分にあった企業を受ける

再度、就活をスタートしたら本当に興味のある自分にあった企業をより厳選して受けるようにしましょう。なぜなら、前のようにあまり理解せずに企業の選考を受けていたり、自分に合わない企業と出会った時に同じことになってしまう可能性が非常に高いです。自分の強み・弱みを再度理解した上で本当に受けてみたい企業に厳選して応募するようにしていくと就活が再度上手くいく可能性が高くなります。

志望動機・自己PRを練り直す

同じように、志望動機や自己PRを練り直してみて下さい。志望動機が弱かったり、自己PRがあまりできていなかったりするとそこに上手くいかない原因がある可能性が大きいです。大事な書類を改めて見直して、もしくは先輩に相談をしてみるといい書類が完成するかもしれません。

 

このように、就活で上手くいかなくなったときには上記のように取り組んでいけば、良い再スタートが切れるはずです。誰にでも辛い時期はあります。その後、どう乗り越えるかで今後のあなたの人生も花が咲いていくのではないでしょうか。

 

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る