目次

茶封筒で履歴書は落ちる?

履歴書を入れる封筒に茶封筒を使用しても、書類審査で落とされることはまったくありません書類審査で審査されるのは、あまりでも履歴書であるため、奇抜な色の封筒でもない限り色を意識する必要はほとんどないといえます。

 

ただ、白い封筒かその他の色の封筒を選べる場合は、白い封筒を選んでおいた方が良いです。白い封筒はほんの色の封筒に比べて上印象を与えるけれど、少しでも良い印象を与えておきたいと思うのであれば、白い封筒を使用することがおすすめです。

なぜ茶色の封筒は推奨されないのか

履歴書を入れる封筒に茶封筒が推奨されない理由としては、ほかの書類や封筒に紛れやすいということがあげられます。履歴書を送付する企業には、日々多くの書類や封筒が送られてきますが、その多くは茶封筒です。

 

茶封筒は白い封筒に比べて価格が安いため、書類のやり取りに使用している企業は多くあります。茶封筒を使用した場合、ほかの書類に埋もれてしまい履歴書を確認するのが遅くなってしまうこともあり得るので、履歴書を入れる封筒としての使用はおすすめしません。

 

また、少し前までは、履歴書を入れる封筒に茶封筒を使用することは「礼儀知らずだ」とする意見も多くありました。現在は白色でも茶色でも審査に影響しないというのが一般的な意見ですが、履歴書を審査する方がどちらの意見に立っているか分からない以上、茶封筒を使用することは避けておいた方が無難です。

履歴書用のおすすめ封筒

履歴書を入れる封筒には、具体的にどのようなものを使用するのが良いのでしょうか。封筒の色はもちろんのこと、サイズについてもここでご紹介しますので、封筒選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

 

履歴書を入れる封筒には白や茶色のほかにも、水色や黄緑色、ピンク色といった種類があります。基本的には封筒の色にこだわる必要はありませんが、上記でも述べている通り、履歴書を入れる封筒には白色の封筒を使用するのが好ましいです。

 

茶色の封筒については、通常業務で使用される封筒との混同を防ぐという理由や、安っぽい印象を与えてしまうことを避けるといった理由から、履歴書を入れる封筒としては推奨されていません。そのほかの色については、封筒の色に対する認識が履歴書を入れる封筒にそぐわないことが、推奨されない理由としてあげられます。

 

水色や黄緑色といった色の封筒は「企業のイメージカラーに合わせて使用するもの」というのが一般的な認識です。履歴書を入れる封筒で自分のイメージカラーをアピールする必要はありませんし、場合によってはマナー違反と捉えられる可能性もあるため、水色や黄緑色などの封筒は使用しない方が良いといえます。

 

 サイズ

履歴書を入れる封筒には、角2号のサイズの封筒を使用するのがおすすめです。角2号の封筒は、A4サイズの履歴書を折りたたまずに入れられることに加え、大きすぎて不格好になることもないので、履歴書を入れる封筒として適しています。

 

また、B5サイズの履歴書の場合にも、履歴書以外の書類があるのであれば角2号の封筒を使用するのが良いです。履歴書と一緒に提出を求められる書類は、そのほとんどがA4サイズであることから、折りたたむ必要のない角2号の封筒が適しているといえます。

まとめ

履歴書を入れる封筒の色には、白色を選ばなければいけないという決まりはありません。しかし、茶色や水色、黄緑色といった白色以外の色には、履歴書を入れる封筒の色として推奨されない理由があるため、積極的には使用しない方が良いです。白色の封筒であれば、プラスの印象を与えることはあってもマイナスの印象を抱かれることはないので、履歴書を入れる封筒にはできる限り白色を使用するようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る