目次

履歴書の賞罰欄には何を書くの?

 書ける内容

履歴書の賞罰欄に書かれた内容は、社会人になってから受けた「賞」と「罰」です。これに学生時代に受賞した賞や罰を記入する方がいます、学生時代に受け取ります「賞」は自己欄でアピールするのが正しかった、学生時代に受けた「罰」はそのも記入する必要がありませんので、間違えて記入しないよう注意しておいてください。

 

また、賞金欄に記入する内容は、他の記入欄と同じ形で正式な名称や正確な情報であることが求められます。うろ覚えのままに記入してください、正式ではない名前や間違った情報を伝えててしまととマイナスの印象を抱かせる可能性もあります。

 

ですので、賞罰欄を記入する際は、正式な名称や正確な情報が書かれている資料を用意してから記入するようにしましょう。

 

 JIS規格の履歴書に賞罰欄はない

履歴書の基本的な形式であるJIS規格の履歴書には、賞罰欄がありません。少し前までは賞罰欄のある履歴書が一般的でしたが、現在では賞罰欄のないものが主流となっています。そのため、応募する企業から履歴書の形式について指定がなく、アピールできる「賞」もない場合には、無駄な空欄を作らずに済むJIS規格の履歴書を使用するのが良いです。

 

ただし、賞罰欄に記入すべき「罰」がある場合には、JIS規格の履歴書の使用はおすすめしません。履歴書に記入すべき「罰」には、一定期間の告知義務があります。「罰」を受けているにも関わらずJIS規格の履歴書を使用してしまうと、経歴を誤魔化そうとしていると受け取られかねません。

 

経歴詐称が採用後に発覚した場合は、採用が取り消されることもありえるので、告知すべき「罰」がある場合にはJIS規格の履歴書を使用しないよう気をつけておいてください。

具体的に書くべき「賞」とは

 具体的な「賞」の例

履歴書の賞罰欄に記入する「賞」の例としては、スポーツ大会での優勝やコンクールでの入賞、犯人逮捕に貢献したことで表彰された場合などがあげられます。スポーツ大会やコンクールなどを記入する場合は、全国レベルの大会や賞であることが基本的な条件となりますので、その点には注意が必要です。

 

ただし、仕事に直結する技術を競う大会などについては、業界内での知名度が高いことから、全国レベルに達しないものについてもアピールしていくのが良いといえます。

 

 書き方

賞罰欄への「賞」の書き方は、受賞した日付と「賞」の名称を記入し「優勝」や「入賞」といった受賞を表す言葉を付け加えてください。ここで注意しておきたいのは、略称を使わずに正式名称で記入するという点です。

 

履歴書では、略称を使用することはマナー違反です。いくら有名な大会やコンクールで受賞したからといっても、略称を使用してマイナスの印象を抱かれてしまっては意味がありません。ですので、大会やコンクールなどの名称を記入する際は、しっかりと正式な名称を調べてから書くようにしてください。

具体的に書くべき「罰」とは

 具体的な「罰」の例

履歴書の賞罰欄に記入する「罰」は、懲役や禁固刑、罰金刑といった刑事罰です。交通違反などの軽微な「罰」は行政罰である場合があるので、受けた「罰」が刑事罰なのか行政罰なのかは、よく確かめておくようにしましょう。

 

また、交通違反の場合で言えば、反則金を支払うと行政罰として扱われますが、反則金を支払わなかった場合は刑事罰を科せられるというケースもあるため、注意しておく必要があります。

 

 書き方

賞罰欄への「罰」の書き方は「賞」の場合と同様に「罰」を受けた日付と名称を記入してください。名称の間違いは「罰」によって与える印象を、さらに悪いものにしてしまいますので、記入する際には十分気をつけておきましょう。

 

加えて、少年犯罪の経歴や履歴書作成時に有罪が確定していないものについては、記入する必要がありません。余計な情報を記入してしまったために不採用になってしまった、とならないよう記入すべきものとそうでないものは丁寧に区別しておいてください。

書くべき賞罰がない場合は?

これといった賞罰がない場合は、賞罰欄に「賞罰なし」と記入してください。無理に「賞」を書こうとして有名ではない大会やコンクールなどの情報を記入してしまうと、かえって良い印象を与えられない可能性もあります。

 

賞罰欄に記入できる賞罰がある方はあまり多くはありませんので、周りとの評価の差を気にする必要もありません。書ける賞罰がないのであれば、なるべく単純に賞罰がないことを伝えるようにしましょう。

まとめ

履歴書の賞罰欄は一般的な履歴書には構成されておらず、馴染みのない方にとっては書くのが難しい部分です。しかし、賞罰欄の記入で押さえておくべきルールは多くありませんし、この記事を参考にすれば比較的簡単に記入できます。もしも今、賞罰欄の書き方で困っているのであれば、この記事に書かれていることをチェックしつつ賞罰欄の記入を進めてみてください。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る