目次

就活における一般常識の重要性とは?

「一般常識」と私を耳にしただけで、なんとなく嫌なイメージをもしました就活生も少しないです。事実、就活でお「これを知っておけば絶対就活を乗り切る」と普通常識はありません。その理由は、業界や企業により一般常識の取り扱いが違うようです。

理論的には、一般常識を筆記試験としてして一問一形式の試験として出すもの会社がありば、面接やグループディスカッションなどの場で、一般常識を基礎とした議論ができるかを測るための機会として選択を準備する会社もあります。

このように会社によって、一口に一般常識と言っても、その扱い方が異なるため就活生が備えておくべき知識の深さも種類も異なってくるというわけなんです。このような背景があるため「一般常識が必要だよ」とだけ言われてしまう就活生のほとんどが、その対策に困ってしまうのも無理はないと言えるでしょう。

そもそも一般常識ってなに?なぜ就活で出題される?

もそも一般常識とはなにかという点から解説すると、国語、算数、理科、社会、英語、時事などを指します。基本的に学生時代に勉強し、日常的にニュースや新聞で時事問題に目を向けていれば、常識になるという意味で「一般常識」と言われているようです。ただし、「常識」という言葉には個人差があり、どうしても「人によっては当たり前」という感覚になるため、必要な勉強時間にも個人差が生まれることになります。

さらに、企業目線で「なぜ就活で一般常識を測るのか?」を考えてみると、これも企業差があるという答えになり、正しい対策が分かりにくくなります。「あまりにも一般常識がない就活生を把握するため」や「業務上かなりハイレベルな一般常識必要になるため」など、目的も企業ごとになってしまい、どのくらい一般常識を測る選考に対策を立てるかが分かりにくくなってしまいます。

では、ひたすらに一般常識を備えるために問題集を解き、新聞やニュースに目を通し続ければ良いかというと、そこまでゆったりと準備をする時間は就活にはありません。「どのくらい時間が必要か?」という疑問は、過去の出題の傾向を把握しているかどうかで大きな違いが生まれてきます。

出題傾向を把握することが一般常識を乗り越えるカギ?

一般常識を測る機会をほとんどの企業が設けていますが、「あくまで就活の一部」という味方が非常に大切です。就活ではエントリーシートなどの書類選考や、面接やグループディスカッションなどでコミュニケーションスキルを測る選考などさまざまな壁が用意されていますので、時間をバランス良く設計し、対策を立てることが内定をもらうためには重要です。

このように就活全体を見渡し、一般常識への対策を極力時間をかけずに行うためには、各企業の「出題傾向を調べる」という行動が必要不可欠です。具体的には、「一般常識をどのような形式で測られているか?」を確認するようにしましょう。業界を意識しながら、一般常識の出題傾向を把握することで、「一問一答形式だから数冊の問題集を解けば大丈夫」や「面接で理論立てが必要だから時事問題も細かく調べておかなきゃ」などの大まかな対策が見えてくるでしょう。

過去の出題傾向はどうやって調べるの?

就活を始めたばかりの頃は、「誰に何を聞けば良いかもわからない」状態にある方も少なくありません。そんな時には、まず各大学の就活支援を行っている部署に相談するようにしましょう。基本的に、大学は就活の実績を事細かにデータ化していますので、各企業の出題傾向を調べることができます。

また、お金がかかることもありますが、インターネットで調べることもできます。学生の就職を後押ししている企業も多くありますので、志望する企業の選考傾向を検索すればある程度は把握できます。さらに、志望企業にすでに努めているOBやOGがいるのであれば、直接コンタクトをとりましょう。実際に働いてみて、どんな感想があるかなどを含めて、志望企業が重視する人間性を教えてもらいましょう。もちろん選考を経て内定に至っている先輩ですので、一般常識への対策についても親切に教えてくれるでしょう。

まとめ

就活における一般常識への正しい対策を立てられてるかどうかは、過去の出題傾向を把握できるかどうかが大きなカギになります。ただひたすらに問題集を解けば大丈夫という考え方は、時間を無駄にしてしまう可能性がありますので、一度立ち止まる必要があると言えるでしょう。まずは、一般常識をどのような形式で測るかという傾向を把握することで、大まかな対策も見えてくるはずです。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る