目次

そもそも就活のお礼メールの必要性とは?

就活におけるお礼メールは、基本的にいらないと考えて問題ありません。例えば、会社説明会や面接のあとにお礼メールを送ったからといって、選考結果が変えるという効果までは期待できません。そのため、志望度の低い企業であったり、全く手応えのなかった企業にはお礼メールを送らず、次の選考に備えるための準備にあてたほうが無難と言えます。

テンプレート通りのお礼メールはマイナス評価になる?

最近の就活生はお礼メールを「テンプレートをそのまま送信する」傾向にあり、人事担当者がうんざりするということも少なくないようです。先程も触れましたが、選考結果を変えるまでの効果はありませんし、人事担当者の忙しさを考えれば、テンプレートをそのまま送ってしまうとマイナス評価に繋がる危険性もあると考えておきましょう。

また、お礼メールと言えど、誤字脱字や敬称間違えなどの一般常識を測られる機会となります。必要のないメールをわざわざ送り、印象を損ねる危険を考えた場合にも、お礼メールは不要と言えます。

お礼メールを送るのは想いを伝えたい企業だけ

基本的にお礼メールは送らないほうが無難ですが、企業によってはお礼メールがアプローチになることもあります。ただし、「志望度の高い企業」のみに限定するようにしましょう。そして、オリジナリティのある文章を推敲する必要がありますので、かなり手間を要すると考えましょう。

お礼メールと言えども、少しでもプラス評価に繋げるためには、人事担当者にしっかりと読んでもらうことが最低条件となります。さらに、印象に残すためには「選考の中での感動した体験かた志望度が上がった」「会社の取り組みが他にないため志望度が非常に高い」などの想いを込める必要があります。反対に当たり障りのない文章しか書けない場合には、お礼メールを送る意味がないと判断すべきと言えるでしょう。

就活のお礼メールはいつ送るべき?

お礼メールは選考に参加した日のうちに送ることが鉄則です。特に面接は終わった段階で、人事担当者の中で結果がほぼ決まっていますので、最終決定までにお礼メールを送らなければアプローチになりません。志望度の高い企業の場合には、選考後にお礼メールを作成する時間を設けるなどの工夫がひつようです。

就活におけるお礼メールの書き方

件名

就活全般においてお礼メールは、「ひと目で分かる件名」であることが最低条件と言えます。会社員は多い方であれば1日で数百件のメールに目を通している方もいますし、人事担当者であれば就活時期は常に時間に追われていると心得ておきましょう。そんな方々に見てもらうメールということを念頭に置き、「見なくても良い」と判断されないために、「◯月◯日の面接ののお礼◯◯大学◯◯◯◯」といった件名でメールを作成しましょう。また、件名でオリジナリティを演出する必要はありませんので、時間の短縮もでき、ミスも防げるテンプレートを準備しておきましょう。

宛名

宛名においても、まず間違えのないテンプレートの活用を徹底しましょう。担当者の名前や会社名などの漢字表記を間違えないことはもちろんですが、「◯◯株式会社様」となどの敬称ミスをしてしまいがちですので、丁寧になりすぎない意識も大切です。個人名には「様」、会社や部署ににメールを送る場合には「御中」となりますので、テンプレートに反映させましょう。

冒頭のあいさつ

冒頭のあいさつは簡単な趣旨の説明と考えましょう。ここも基本的にテンプレートを活用し、どこの誰が送っているかがひと目で分かるように記載し、お時間をいただいたことに対して感謝の意を簡単に伝えることです。ここはあくまで、前置きのようなものですので、長くなりすぎない心遣いも必要になります。

本文

お礼メールにおいて、人事担当者へしっかりとアピールするためには本文のオリジナリティがカギになります。ここでは、良い意味で正直に感想を述べることが重要です。もちろん、選考のなかで感銘を受けた内容があればそのまま記載して問題ありませんし、会社の独自性に触れることで企業研究の度合いをアピールすることも可能です。自分の志望度の高さをアピールするためのメールですが、あまり長く書きすぎることのないような意識も必要です。

締めのあいさつ

締めのあいさつも選考へのお礼とメールを読んでいただいたことに対するお礼、社会人がメールを作成する際に使用するあいさつ程度の文言のみで構いません。「貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。」といった言いまわしが一般的に使われる文言ですので、そのまま用いましょう。

署名

そして、最後に忘れてはならないのが署名です。大学名・学部・氏名・メールアドレス・住所・電話番号程度は記載し、いつでも人事担当者が連絡をとれるように気をきかせてておくようにしましょう。

就活におけるお礼メール例文

【◯月◯日の◯◯開催のお礼】◯◯大学◯◯◯◯

株式会社◯◯◯◯ 人事部御中(または人事部◯◯様)

本日、御社の◯◯(参加した選考に置き換え)に参加致しました◯◯大学◯◯学部の◯◯◯◯です。
お忙しい中お時間を割いていただき、◯◯を開催いただきまして、誠にありがとうございました。
(会社説明会へのお礼の例文)◯◯様のお話を伺い、貴社の事業展開や経営方針などについて理解が深まり、今後の展望や社会に対する取り組みに対して強く感動致しました。
ますます貴社の一員として◯◯事業に携わりたいという気持ちがを強く致しました。
(面接へのお礼の例文)面接の中で◯◯様の企業に対する熱意を感じ、さらに○○事業に関わりたいという想いを強く致しました。また、私のような就活生の話に熱心に耳を傾けて下さった◯◯様のお人柄にも強く感銘を受けました。

(OB・OG訪問へのお礼の例文)今回○○様とお話する時間をいただけたことで、○○事業の独自性に関する理解がさらに深めることができました。さらに、◯◯様の熱心なお人柄に触れることができたことで、私の社会人像のイメージをより明確にすることができました。
◯◯を開催いただいたことへのお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。
最後になりますが、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

――――――――――――――――――――
◯◯大学 ◯◯学部 ◯◯学科4年
◯◯◯◯ 
E-mail:xxxxxxxxxxxx@xxxx.co.jp
〒xxx-xxxx
◯◯県◯◯市◯◯町◯◯1-2-3
自宅TEL:000-1234-5678
携帯TEL:080-1234-5678
――――――――――――――――――――

まとめ

就活におけるお礼メールは、常にアプローチを行うという目的を意識することが大切です。そのため、「テンプレート通りの文面」や「当たり障りのない文章」しか書けない場合には、送らないほうが無難と判断しましょう。特に志望度の高い企業に焦点をあてることで、基本的なミスのない、想いが届く文章作成が可能になります。作業として「とりあえず送るお礼メール」には意味がないということを頭の片隅においておきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る