目次

最終面接での逆質問のポイント

最終面接で漕ぎ着けたのは良いものの、最終面接の最後には逆質問タイムが待っています。最終面接とは、面接官のほんとが役員で構成されていると考えてください。役員とは、その会社の取締役、最高人事責任者、最高技術責任者などすべての責任を負っている方たちです。採用活動でも同様に最高責任者が決定権を持っています。よく、「最終面接(役員面接)まるで漕ぎ着ければ、落ちることはないです」話を聞きますが、厳格な役者たちの場合バサバサ落とされますので、最後まで気を抜けないでください。その最後が、逆質問なのです。それで、逆、逆質問を丁寧にこなす為のポイントをしつに紹介しましょう。

 3つの程度質問を用意してから面接に臨む 

面接ではどのような質問がくるか準備していきますよね。同じように、逆質問でもしっかりと準備していきましょう。役員の方々も就活生と同様に、どのような質問が来るのか、またどのように答えるべきか考えて採用活動を行っています。面接をいくつもこなして、場慣れすればスムーズに乗り切れるという甘い考えは止めましょう。最終面接では、1対複数の個人面接がほとんどだと思いますので、他の就活生と質問が被ってしまった用の準備ではありません。別分野や全く違う内容の質問を考えてください。実際の最終面接では、逆質問1つだけで終わるケースはありません。「そのほかに何か質問はありますか?」と2つ3つ聞かれることがほとんどです。そういったことも考慮して3つ程度は考えていきましょう。

 会社への思いなど役員陣ならではの質問をする

これまでの面接(1次・2次面接)では、会社のシステムや構造、業務の内容などのことを逆質問してきたと思います。しかしながら、最終面接はそのようなことを聞いても返事が返ってこないこともありますし、そんなことも知らないのかと思われてしまいます。なぜなら、役員はより重要な役割をになっており、業務の進め方やシステムの運営は役員の業務内容に入っていないからです。なので、もっとメンタリズムなことを聞きましょう。会社への想いや、企業の理想の将来像など、役員陣なら誰でも思い描く夢物語を語ってもらうのです。そうすることで、就活生と方向性を合わせることができたという気持ちになります。そして、就活生はその言葉を紳士に受け止め、話を盛り上げてください。

避けるべき逆質問

「逆質問だからといってなんでも質問して良いという訳ではない。」ことは就活生なら誰でも心得ているはずですよね。なので最終面接もこの問題については大丈夫なはずです。さらに加えて、最終面接では役員の方々が面接を行いますので、避けるべき質問が追加されます。逆質問の常識から、最終面接でのタブーまで少しずつ見ていきましょう。

 ホームぺージに記載されている基本情報

これに関しては1次面接や2次面接でも同様に、「調べればわかる質問」はしてはいけません。このような質問をすると「え、この就活生そんなことも知らないのか?人事部はちゃんと説明しているのか?なんでこんな就活生を通過させているんだ!」と人事部はお叱りを受けることでしょう。役員の方は特に、会社のホームページをご覧になることが多いです。就活生の方々も、企業のホームページを拝見した際に、役員の顔写真と共にコメントが掲載されているものを見たことがあると思います。このようなことから、役員はホームページのことをしっかりと熟知されていると考えた方が良いです。特に、企業理念やIR情報や経営戦略などは株主総会や取締役会で決まったことがほとんどです。表面的な質問はなるべく避け、面接の前にホームページを拝見し、逆質問の内容と重ならないように気を付けましょう。

 待遇についての質問

待遇についての質問もモチベーションが低いと思われますので、控えましょう。当然、業務を遂行した対価としてお給料を貰うというのは当然です。そして、役員の方々もしっかりと就業してくれる従業員に給料を払うのには、火水もいとわないでしょう。しかし、そのような疑問は説明会や懇親会などで済ましておく内容ですので、最終面接ではやめてください。給料だけでなく、休日や残業などに関しても同様です。役員の方々は年俸制や固定給です。どういうことかと言うと、役員には休日も残業も存在しません。必要であれば、土日祝日問わず会社の為に働かなくてはなりませんし、いかなる場合でも残業や手当というものは付きません。そして、そういったエネルギッシュな働き方をしてきた方々が役員になっているのです。少し古い考え方と思われるかもしれませんが、このような方々に休日や残業や給料の逆質問をするのは、失礼過ぎるのです。以上の背景がありますので、待遇についての質問は避けてください。

 1次・2次面接で済ませているべき質問 

1次面接や2次面接や3次面接、最終面接ではそれぞれ適切な逆質問内容があります。いつまでも説明会で聞けるような内容の逆質問では、内々定は頂けないと思ってください。1次面接では従業員の若手に対する逆質問が良いでしょう。2次面接3次面接はマネージャーや部長などの役職を持っている方に対する質問が良いでしょう。そして最終面接では特に、役員面接ならではの、取締役に対しての質問が良いでしょう。面接のステージが上がっていくにつれて質問対象を変えていってください。

最終面接での逆質問

これまでの最終面接でのポイントや避けるべき逆質問を見ても、まだ具体的に例が思いつかないという方も多いでしょう。そのため、以下では最終面接で使える逆質問の例を挙げていきます。以下の逆質問を参考にして、具体的なイメージをつけましょう。何度も伝えますが、最終面接の逆質問を考える上でのポイントは「役員ならではの質問」です。1次面接や2次面接で聞いた純粋な疑問ではなく、経営者の目線で逆質問を考えましょう。

 会社・社員への思いに関する質問

・面接官の方々が仕事をしていく上で、部下や後輩に対して嬉しいと思ったことは何ですか?

・友人やお子さんなどに仕事の内容等は説明されますか?また、どのような仕事だと説明していますか? 

・仕事ができる人とはどのような人ですか?

経営者からすれば、会社は家、社員は家族に該当します。社員がいなければ、経営は成り立たないのです。そのため、会社や社員に関する質問を投げかけてみましょう。役員なら必ず、目を光らせて答えてくれます。そして、この逆質問に対する答えは、就活生が新入社員として入ってきたときの為のアドバイスだと思って受け止めることにしましょう。

  商品・サービスに関する質問

・御社では、○○製品と××製品が主力ですが、製品開発をどちらメインにして、どのような方向に進んでいくつもりですか?

・御社のサービスは世間では非常に定評がありますが、このサービスの中でも特に気に入っているものはありますか?

 製品やサービスの内容は就活生にとっても大変聞きやすい内容です。役員の方もその役割上、製品やサービスに関しては熟知されているはずです。どのような質問でも答えてくれるでしょう。しかしながら、注意しなければならない点があります。役員の方はその企業に何年も在籍されている方でしょうから、製品やサービスに関しては細かいところまでご存知です。対して就活生は数週間程度しか、触れていません。細かい質問したつもりでも、チープな質問に思われることがありますので、気を付けてください。

 競合に関する質問

・日本の数ある競合で、御社の××製品が圧勝しているという点はありますか?

・宇宙開発において、民間企業での競合が激しくなっていますが、こういった中で参入した理由をお聞きしたいです。

 経営者の立場から、競合は必ず視野に入れておかなければならない内容です。一般の従業員なら、競合他社を意識して働いている人は少ないでしょう。しかしながら、就活生という立場で業界問題へ詳しくアプローチできたらならば、役員面接で注目されることでしょう。

 


 

まとめ

就活生のみなさんは最終面接で、どのようなことを聞けばよいか具体的なイメージは付きましたか?最終面接の面接官は責任者である役員です。役員ならではの質問を考えてから挑んでくださいね。また、逆質問の答えの中には、経営者から就活生に向けてのヒントやアドバイスが含まれていることがあります。忙しい中、貴重な時間を割いてくれたことに感謝して、素直に受け入れましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る