目次

就活生がインターンの服装に迷う理由とは?

就活が本格化してしまえば、就活生の誰もがフォーマルな装いになるため迷いが生じることもありません。しかし、人によってはまだ就活の意識がないインターンの場では、周りの就活生の動向も分からない状態ですので、服装に迷いが生じても無理はありません。

ただし、インターンは考え方によっては、就活の前哨戦とも言われます。選考どんどんと進む時期を迎える前に、どれだけ服装に関するマナーに意識を高く保てるかで、就活の進め方も異なってきます。

また、インターンに参加している段階で、アピールできる服装という意識をもつことも重要です。実は就活は、一概に真面目であれば良いかという決してそうではありません。個性的な人間像を好む企業もあれば、周りをよく観察してフィットさせる力が求められることもあります。失敗しない服装だけでなく、どれだけ個性が許されるかも意識してみましょう。

インターンに参加する服装に正解はない?

ある程度の数の企業でインターンに参加したとしても、「これが正解!」という答えは実はあまりはっきりしません。企業によっては「私服OK」というルールを用いていたり、場合によっては「クールビズを推奨する」といった案内をしてくる場合もあります。

ただし、業界や業種によって間違いではないという服装があることも事実です。ぜひ、早いうちに業界や業種による特徴をつかみ、マナー違反となる服装だけはしないという自信を手に入れてしまいましょう。

企業や業界による服装のマナーとは?

服装マナーに限ったことではありませんが、実は社内のルールは企業の特色や業界のルールに影響を受けています。企業だけでなく、その周りを取り巻いている状況を冷静に観察してみると、会社からの案内をもらう前にインターンの装いについてもイメージすることができるようになります。

具体的には、企業の所属している国によってマナーの自由度は異なり、アパレルを初めとした社員の自由度が売りになる業界では私服を優先する場合もあります。

 

国内の大手企業はマナーに厳しいと心得よう

特に歴史のある国内企業は、独自の規律を守るためにも厳しいマナーを守っていると考えましょう。例え、就活前にインターンに参加する際でも、リクルートスーツを着用するのがルールと言って良いでしょう。一例としては、自分らしさを主張するためにデザイン性の強いスーツを着用してインターンに参加したとしても、周りの就活生から浮いてしまうようなイメージです。

 

外資系は個性が重要?

国内の大手企業に比べ、外資系企業の場合にはある程度の個性が必要になりますので、企業の形態についてもあらかじめ把握しておくようにしましょう。国内企業の場合は、規律を重んじるのに対して、外資系企業は個を重視する傾向にあると理解しましょう。インターンを選考と連動させている企業は外資系に多いため、インターンであってもアピールしておくことで、内々定をもらえる可能性も向上してきます。

 

業界でもマナーは異なる?

先程も簡単に触れましたが、アパレルなどの企業の面白みを売りにする傾向にある業界の場合は、インターンの服装を私服のみにすることもあります。もちろん参加する前に案内を受けることになりますが、一部の企業ではインターンの要項などで自社サイトに記載しているだけという場合もあります。企業研究とあわせて、隅々まで確認しておくという注意が必要です。

業種によっても服装マナーは違う?

ここまでは企業のおかれている環境や業界による特徴を紹介してきましたが、自分がやってみたいという仕事の内容でも服装マナーが異なることもあります。具体的には、営業や事務、WEBデザイナーを一例として紹介していきますが、それぞれに特色があり、評価してもらえる服装が違っていますので、あらかじめ把握しておきましょう。

 

営業はバランスが難しい?

営業という業種を志望している場合には、マナーと個性のバランスに悩むことになるでしょう。インターンの服装を間違えないためには、企業は主に相手にしているお客様を把握する必要がありますので、ここでも企業研究が必要になります。

お客様が企業の営業の場合には、きっちりとしたイメージを与えられる服装が好まれるのに対して、個人への営業を行う場合には少し個性が必要になります。インターンの服装は、基本的にマナー違反をしなければ問題ありませんが、アピールしたいとお考えの方はバランスを考えておきましょう。

 

事務はきっちりとした服装でOK

業種として事務系の仕事を志望している場合は、真面目さをアピールできる服装で参加すれば、それなりに評価してもらえます。事務という仕事は、まずミスをしないことが最優先の仕事ですので、実直な人間像が求められます。イメージしてもらいたい人間像と一致させる服装を選ぶようにしましょう。

 

WEBデザイナーは個性も必要?

WEBデザイナーなどのなにかをデザインする仕事は、業界的にはアパレルと似た傾向にあると言えます。常に訴求力のあるデザインを作り続けることが必要になる業種ですので、個性的な服装を求める企業も割合としては多いと言えるでしょう。もちろんある程度の清潔感を保つことは必要になりますが、インターンの要項として「私服で参加」という指定があることも少なくありません。

インターンは服装ルールを習得するチャンス?

業界や業種によってアピールできる服装を習得するためは、インターンの段階である程度の失敗することも大切です。あらかじめ企業から「スーツでお越しください」などの案内ある状況で、私服で参加することはタブーですが、「どのくらいの自由度まで許されるか?」を試す機会としてインターンを活用することもできます。

このような視点で見てみると、スーツという決まりしかないという場合には、少し個性を意識してみても良いでしょう。清潔感を損なってしまうような服装はおすすめしませんが、自分なりの挑戦をしてみましょう。周りの就活生をみて、「ちょっと個性的すぎたかな?」などの失敗をすることもありますが、その後会社の分析を行ってみると傾向をつかむことができます。

ほとんどの企業は大学3年生を対象にインターンを開催しますので、マナーや社会のルールを少し逸脱していても、大きくマイナス評価を与えるということはしません。むしろ、4年生になってから企業や業界、業種にあわせた服装選びができない状況のほうが、就活全体を見てみるとマイナスです。多くの企業がインターンと選考を分けて考えていますので、4年生の選考本番で間違えなければ大丈夫という気持ちでも許されます。

まとめ

インターンの段階で間違いのない服装を身につけおくことも重要ですが、少し挑戦してみることも意識するようにしましょう。企業や業界によっては、全く個性のない服装を面白みがないと判断する場合もあります。反対に真面目さが最大の武器になることもあります。就活本番を迎える前に、アピールできる服装選びを身につけるという目的でもインターンを活用することができますので、服装においてもチャレンジ精神をもつようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る