目次

エントリーシートを送る場合の封筒の選び方

封筒の色については白や茶色、水色となったさまざまみ、封筒の色については、白を選ぶのがおすすめです。封筒の色には白や茶色、水色となったさまざまな色がありますが、白以外の色についてはお勧めしません。

 

「封筒は何色でも良い」と意見があるものの「白色以外の色はマナー違反」とする意見もあるしています。白以外の封筒を使用して応募した企業の担当者が後者だは、いずみに採用の可能性を減じることとなります。

 

なので、エントリーシートを送る場合の封筒には白色を選び、不必要なマイナス印象を抱かれないようにしましょう。続いて封筒のサイズについては、エントリーシートのサイズに合わせて封筒を選ぶのが基本です。

 

エントリーシートのサイズには、これといった決まりはありませんが、一般的にはA4サイズのものが良いとされています。そのため、応募企業からエントリーシートに関する指定が無い場合は、A4サイズのエントリーシートを使用し、封筒には角2号のサイズを選ぶようにしてください。

封筒の書き方

 

封筒の表には、右側に応募する企業の住所を書き、真ん中に企業名と部署名、担当者名、左下に「応募書類在中」と記入します。封筒の表面を記入するときの注意点としては、住所や宛名で略称を使用しない点です。

 

住所であれば「○丁目○番地」を省略せずに書き、宛名であれば会社の種類をカッコ書きではなく「株式会社」と表記してください。非常に細かい部分ではありますが、略称を使用しないことはエントリーシートを入れる封筒におけるマナーですので、しっかりと守るようにしましょう。

 

また、左下に記入する「応募書類在中」は、元から印刷されている物ではなく、手書きで記入するのが良いです。僅かな印象の違いではあるものの、手書きで記入した方がプラスの印象を与えられるため、エントリーシートの封筒を準備する際は参考にしてみてください。

 

 

封筒の裏面については、左下に自分の住所と学校名、学部学科名、名前を書き、左上に封筒を投函する日付、エントリーシートを入れてのり付けした後には封をしたことを意味する「〆」を記入してください。

 

左上の日付は、エントリーシートの作成日と間違えやすい部分ですので、裏面を記入するときは気をつけておきましょう。さらには、封がしてあることを意味する「〆」マークも書き忘れやすいポイントとして注意です。

 

「つい、うっかり」が起こりやすいところであるため、封筒を作成する際には、2度3度と確認するようにしてください。

 

エントリーシートを送るときのポイント

 添え状・送付状を同封する

エントリーシートを送る際には、添え状や送付状といったものを同封しておくのがマナーです。添え状や送付状には、エントリーシートを送ったことに対する挨拶と、書類の漏れがないか確認するための資料としての意味があります。

 

添え状や送付状を見て丁寧な仕事をするかどうかを審査する企業もあるので、儀礼的なものと考えるのではなく、エントリーシートと同様に力を入れるようにしましょう。

 

 クリアファイルに入れて送る

エントリーシートを封筒に入れる際は、クリアファイルに挟んでから入れるようにしてください。エントリーシートが応募した企業へ配達されるまでの間は、何かのはずみで折れ曲がってしまうリスクや、雨に濡れてしまうリスクがあります。

 

折れていたり濡れていたりするエントリーシートは、読みずらいだけでなく、審査後の扱いにも困ってしまうものになります。折れたり濡れたりするのは不可抗力ではあるにせよ、あまり良い印象を与えられるものではありません。なので、エントリーシートを封筒に入れるときには、クリアファイルで保護して入れるようにしましょう。

 

 切手が不足しないように

まれにあるミスに、切手の料金不足があげられます。切手の料金が足りていない場合は、エントリーシートが送り返されてくるだけでなく、送り先の企業に不足分の請求とともに送り届けられるケースもあります。

 

相手に迷惑がかかってしまうポイントを押えられないようでは、書類審査の前に不採用が決定してしまう可能性もあるので、切手を準備する際はよく確認してから購入するようにしましょう。もしも、どうしても切手の料金不足が不安だと考えるのであれば、郵便窓口に直接持っていくのがおすすめです。

 

郵便窓口で手続きを行えば、切手の料金不足を防げるだけでなく、ポストに投函する場合よりも折れ曲がってしまうリスクや、雨に濡れてしまうリスクも減らせます。始めから窓口で手続きをすると決めておくのも良いので、エントリーシートを送る際は、ぜひ参考にしてみてください。

送付前にチェックすべきポイント

エントリーシートを送る際には、封筒に入れる前と後でチェックしておくべきポイントがあります。まず、封筒に入れる前のチェックポイントとしては、エントリーシート自体の再チェックをしておくことです。

 

誤字脱字や記入漏れ、略称を使っているところがないかなど、エントリーシートの基本ともいえる部分をチェックしてください。これらのチェックポイントは、気をつけていても見逃してしまうことのあるポイントですので、記入した段階と封筒に入れる前の段階とで、2重チェックしておくようにしましょう。

 

また、封筒に入れる前のチェックでは、必要な書類がすべて揃っているかどうかも確認しておいた方が良いです。どれだけ丁寧に作成した書類でも送り忘れてしまったのでは意味がないため、誤字脱字などの確認とともに、必要書類のチェックも行っておいてください。

 

次に、エントリーシートを封筒に入れた後のチェックについては、住所と切手を再確認するようにしましょう。しっかりと送り届けられなければ、応募の締め切りに間に合わなくなる可能性もあります。記入した住所と張り付けた切手が正しいかどうかは、エントリーシートを送ってしまう前に、もう一度確認することが大切です。

 

速達で送るべき?

エントリーシートの送付方法には、できるだけ速達を使わない方が良いです。速達を利用してエントリーシートを送ると、慌てて出したように思われてしまう可能性があり、思わぬ低評価に繋がることも考えられます。

 

普通郵便では締め切りに間に合わない場合や、何らかの理由があって速達を利用する場合などは別ですが、普通郵便で送っても十分締め切りに間に合う場合は、速達の利用は控えておくようにしましょう。

まとめ

エントリーシートの封筒について、どのようなものを準備し、どのように記入すれば良いか理解できたでしょうか。封筒を準備する際には、この記事で上げたポイントを念頭に置いて行うことが大切です。細かなポイントを押さえつつエントリーシートの封筒を作成することで、マイナスの印象を抱かせることのないものが作れますので、これから準備に取り掛かる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る