目次

はじめに

インターンシップをはじめてみたい……でも、結局意味あるの?
上のような疑問を持つ学生が意外と多いのではないのでしょうか。そんなあなたのためにインターンシップに参加するメリット、また企業側にどのようなメリットがあるのか紹介していきます。


インターンシップとは何か

インターンシップのメリットを解説する前に、そもそもインターンシップについてきちんと理解していなければ、何をいっているのかわからないと思います。まずはインターンシップについて学んでいきましょう。

インターンシップとは

簡潔に言い表すと、「会社内で就業体験をすること」です。もう少し具体的に言うと「実際に会社のなかに溶け込み、会社員と同じ立場で働くこと」を意味します。例えば大学でプログラミングを学んだ学生が物足りなさを感じて、企業内でさらに勉強したたいと思い、インターン生として働くなどがあります。

インターンシップの種類

主にインターンシップには2種類存在します。早速紹介していきましょう。

短期インターンシップ

1Dayのものから1ヶ月程度の短い期間のインターンシップ。夏休みや冬休みを活用して参加する学生がほとんどです。短期インターンシップに複数参加して、会社でどのような仕事をするのかなどとさらっと体験したい学生が多くみられます。

長期インターンシップ

およそ3ヶ月以上の就業体験を長期インターンシップと呼びます。短期インターンシップに比べて期間が長いため、より深く業務に携われ、信頼を得られれば責任の重い仕事を任せてもらえるのがポイントです。学生のうちに社会人レベルにまで本気で成長したいと考える学生にオススメします。

学生がインターンシップに参加することで得られるメリットとは

先ほどインターンシップには、短期インターンシップと長期インターンシップが存在することを説明しました。ここではインターンシップに参加するメリットを種類別に紹介していきます。

短期インターンシップに参加するメリット

  • 業界・職種の分析ができる
  • 就活仲間を作れる

ひとつひとつの期間が短いため、複数のインターンシップに参加することができます、結果として自分にあった業界・職種の分析が可能になります。また長期インターンシップに比べて、日程調整に自由がきくところもポイントです。
他の参加学生と仲良くなって、今後の情報共有に役立てられるのもメリット。インターンシップに参加する学生は基本的に大学生なので、就職活動のときに思わぬかたちで助けられるかもしれません。実際インターンシップで出会った仲間とグループディスカッションの練習をしたり、ESを見せあったりしているという人もいます。

長期インターンシップに参加するメリット

  • 実社会で通用するスキルを身につけられる
  • 内定を獲得できる

ほぼ1社員として実務経験を積むことができます。だからインターン終了後に就職したとしても、会社内で自分がどのような行動をとればいいのかが(全く業務の経験がないほかの新卒社員よりも)わかります。つまりインターンシップを通して学んだことがすぐに活かされます。また、インターンシップ中に結果を残し、優秀な学生として企業から認められれば、内定を得られるなんてこともあります。

インターンシップを受け入れる企業側のメリットとは

企業がインターンを受け入れるメリットとして次のものがあげられます。

  • 仕事を分担できる
  • 新卒採用に繋げられる
  • 企業のイメージを高められる

(長期インターンの場合)インターン生を社員とほぼ同列で扱うことができるため、アルバイトよりも責任の重い仕事を分担できまる

優秀で企業に合う学生がいれば、すぐに声をかけることができ、新卒採用に繋げられます。インターンシップを通して企業と学生がお互いのことをより深く理解できるため、学生と企業とのミスマッチも減ります。また、学生を受け入れることで、社会に開けていて風通しのいい企業として印象をよくすることができます。

まとめ

インターンシップには短期インターンシップと長期インターンシップがあり、それぞれに学生に合った特徴があることを解説しました。インターンシップに参加し、今後の社会人生活に備えて、自分のやりたいことをみつけていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る