目次

はじめに

いざインターンを始めようと思って周りの人に聞いても、日本ではまだまだインターンに対する認識がバラバラなのではっきりとしたイメージがつきにくいですよね。今回は今の自分にとって1番あったものを選ぶために必要な、インターンに関する知識と難易度に関する情報を解説します。

そもそもインターンって?

インターンとはもともとアメリカでの就職活動におけるシステムの1つです。就職前と就職後の(雇用者、被用者双方の)認識のズレを無くすことで、採用のミスマッチをなくすことが本来の目的です。日本では主に短期インターンと長期インターンの2つの種類が存在しています。

インターンって何をするの?

どうやらインターンってものがあることがわかっても、具体的に何をするのか全く想像がつきませんよね。周りの友達や先輩に聞いても「説明会みたいなもんだ」という人もいれば「プログラミングをバリバリやっている」という人もいますし、さらには「バイトみたいなもんだ」なんていう人もいます。このようなズレが生まれてしまう原因は長期インターンと短期インターンではインターンですることが全く違うからです。なのでインターンを選ぶときには各インターンの特色をしっかり把握しておくことが大事です。

短期インターンの内容と難易度

短期インターンのほとんどは、企業側が就活生に向けて会社説明をする意図で行うもので、学生は企業からお客様として迎えられることが多いです。多くの場合は会社のオフィスなどに短くて1~2日、長くて1週間ほど集まり、グループワークなどをすることになります。

グループワークの難易度って?

グループワークの難易度は各企業によって全く異なります。ですが内容については企業自体が今抱えている問題などを協力して解決するなど、企業の業界に沿ったものが課題となる傾向にあります。テーマによってはその業界についての理解が深くなくては話についていけない場合もあるので、事前にある程度勉強をしていくことをおすすめします。また業界に関する知識だけでなく、集団で課題に取り組む際のコミュニケーション能力も重要です。グループ内での立ち回りは、企業からの自身の評価に大きく影響します。
良くも悪くも実際の社員さんの前でグループワークをすることになるので心してかかりましょう。

グループワークに取り組むインターン生

長期インターンの内容と難易度

短期インターンに対して、長期インターンは実際に社員さんと混ざって一緒に業務をこなすことになります。自分のスキルを高めたい場合には短期インターンよりも長期インターンでめきめき実戦経験を積むことおすすめします。

長期インターンの選考難易度

募集枠が少ない分倍率自体は上がることになります。また企業側もきちんと仕事をこなしてもらわなければ困るので、本当にやる気がある学生しか採用しません。企業側も本気で自分の会社の一員として迎えようとしてくれているということの表れでもあるので、その分濃い経験を積むことができ、スキルアップを期待できます。書類選考や面接についてもきちんとした対策をしなくては、折角やる気になってインターンに応募しても全部落ちてしまうということもあり得ます。準備を怠らずに臨みましょう。

長期インターンの業務難易度

短期インターンとは異なり実務をすることになるので、イベント的な要素が強い短期インターンシップよりも難易度が高いと言えます。始めのうちはいろいろ教えてもらうことになるので学ぶ姿勢が大事になってきます。
また、実務経験を積んでいくうちに、新規事業の立ち上げや自分がチームのリーダーとなってみんなを引っ張っていくなど、どんどん難しくて新しいことにチャレンジしていくことにもなります。どんな内容をしていくのかについてはインターンごとに大きく異なりますが、できる見込みのない仕事を任されることは無いので、難しいと感じても物怖じせずチャレンジしましょう。
実際大事なのは「現状何ができるか」ではなく、新しいことを学び続けるという姿勢です。逆に言えば、そういった姿勢さえあれば誰でも長期インターンに参加することができます。実際私は長期インターンに参加していますが、どんなに努力してもできないようなことは1つもありません。やり方を教えてもらったり、自分で調べたり、実践するなかで違うやり方をためしたり、こうしてひとつひとつ積重ねていけば、必ずできるようになります。なので、難易度の高さにビビる必要はないと思います。

長期インターンって就活に有利なの?

長期インターンによって得た実務経験や社会人としてのマナーは、就職活動に有利であることはもちろん、企業によっては推薦状を書いてくれるところまであります。推薦状の条件としては、大体のところは勤務が3ヶ月以上であり、企業が、期間中のあなたの頑張りを一定評価してくれることです。普通に頑張れば書いてもらえると見込めます。しかも、推薦文の内容はオリジナルなので、3ヶ月以上一緒に実務を経験したからこそ分かる頑張りや優れているところを、インターン先の経営者がかなり具体的に評価し、オリジナルの推薦文を記載してくれることになります。

まとめ

インターンに参加するにあたって必要な知識や、長期インターンと短期インターンの違いについて解説しました。ある程度把握できたとは思いますが、何よりも今大事なのは実際にインターン生として企業に飛び込んでいく行動力です。長期インターンのメリットはここに書いてある以上にたくさんありますが、それを手にすることができるのは実際にインターンとして社会に飛び込んだ人だけです。学生のうちに本気になってインターンに取り組むことは就職活動に有利だということだけでなく、自分の視野が広がり、人生の選択肢を広げることを可能にします。ここで1歩を踏み出し、大幅なリードを手に入れましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る