目次

はじめに

大学3年生にもなると就職活動として、インターンシップに参加する方は多いでしょう。インターンシップは企業と学生が出会う場で、第一印象が重要です。インターンシップにおいても、服装が参加する学生の第一印象を決めるので、インターンシップに参加数する際の服装を確認しておきましょう。

インターンシップ時の服装には最低限のマナーを

基本的には相手に失礼のない、TPOをわきまえた服装

TPOとは

TPOとは、時(Time)と場(Place)と場合(Occasion)の略語です。TPOをわきまえた服装にするとが、失礼のない服装だと言えるでしょう。

インターン先企業から服装の指定があったら

もちろん、企業側からの服装指定(スーツ着用や私服等)がある場合にはその指示に従った服装を身につければOKです。服装自由と言われた場合には自分で考えて決めなければなりません。

服装自由の指定をされたら

大企業なら無難に、無個性にいったほうがいい
商社や金融、大手メーカーなど……いわゆる大企業のインターンシップに参加する場合には、リクルートスーツを着ていくのが無難です。

ベンチャーなら過度に服装を気にする必要はない
ベンチャー企業のインターンシップに参加する場合は、過度に服装を気にする必要はありません。というのも、服装で評価がされたり、内定に影響する割合が少ないことの方が多いからです。

インターンの服装の基本はスーツ

リクルート用のシンプルなスーツ

紳士服販売店にある就活用のスーツをリクルートスーツと呼ぶことが多いです。大学3年生くらいになると周りで濃紺のスーツを着ている方が多くなってきます。あの濃紺のスーツがいわゆるリクルートスーツです。
(参考:「リクルートスーツの特徴」

基本は黒!ダークグレーや紺でも大きな問題はない

無難な色味の黒、ダークグレーや紺でも大きな問題はありません。インターンや面接等で注意すべきポイントは、「無個性であること」です。企業にはいろいろな価値観をもった人が所属しています。服装を見て人柄を判断される可能性もゼロとは言えません。だから、無個性なスーツで参加するのが無難です。

小物も黒などでシンプルに

スーツに合わせる小物(ベルトや靴など)も黒にして、できるだけシンプルにまとめましょう。具体的な服装は下の画像を参考に自分で考えてみてくださいね。

男性と女性の服装参考例

平服/私服でお越しくださいと言われたら……?

平服には要注意!

平服=私服ではありません。平服とは、普段に着ている服のことを指しますが、決してラフな私服を指していません。平服も、TPOに合わせて着用する服装を決める必要があります。インターンシップに参加する場合では、参加先の企業に合わせた服装で行くのが無難です。前述の「大企業なら無難に、無個性に行ったほうがいい」、「ベンチャーなら過度に気にする必要はない」を参考に服装を決めるといいでしょう。

私服指定の意図を考えよう

企業に私服を指定された場合、企業が何を考えているかを考え、それによって着用するものを決めるべきです。企業の意図の例として、以下のものが考えられます。

  1. 素の状態をみたい
  2. リラックスした状態で業務に臨んで欲しい
  3. 自由と指定された場合の最低限のマナーがあるかを見たい
  4. 私服のセンスを見たい

私服指定されたら基本はオフィスカジュアル

ビジネスの場で浮かないオフィスカジュアル、清潔感のあるきれいめなファッションで参加するのが基本です。オフィスカジュアルには特にこれといった決まりがないので、自由に着ていけます。しかし、自由だからこそ職場によって選択が難しくなってしまうものです。ここでは”オフィスカジュアル”を確認します。

まずは、次の5つのポイントに気をつけましょう。

“オフィスカジュアルのNGポイント”
1.カジュアル過ぎる
2.仕事中に着崩れしてしまう
3.露出が多い
4.派手なカラーリング
5.全体的に清潔感がない

(引用:「オフィスカジュアルのNGポイントに気をつけてコーディネート!」

夏は暑いとサンダルを履きたくなったり、半ズボンを履きたくなったりすることもありますが、これらはカジュアル過ぎるとか、露出が多すぎるとか言われてしまうので控えましょう。また、デニムやスウェットなどのカジュアルな素材も避けた方がいいです。

男女別、もっとも真似しやすい無難なオフィスカジュアル

次に男女別で、オフィスカジュアルの典型例を見ていきましょう。

【女性】

  • パンツ+シャツ
  • 膝丈のスカート+ブラウス(羽織ものはカーディガンやジャケット)

【男性】

  • チノパン+シャツ+カーディガンやジャケット(羽織ものは女性と同様)
  • オフィスカジュアルがよくわからない人は以下の方法でイメージをつかんで
  • 社会人が読む20代後半向けの雑誌でテイストに抵抗感がないものをざっと読む
  • Googleの画像検索でイメージを掴む

女性:http://goo.gl/4ETftW

女性のオフィスカジュアル参考例

(画像:「オフィスカジュアル 女性」Google 画像検索 2017/1/2 15:51)

男性:https://goo.gl/ucNmbs

男性のオフィスカジュアル参考例

(画像:「オフィスカジュアル 男性」Google 画像検索 2017/1/2 15:55)

長期インターンなどで「完全私服OK」の場合

比較的ゆるい職場でも、最低限守りたいマナー

ベンチャー企業やスタートアップでの長期インターンシップに参加する場合、服装の規定はかなりゆるいです。なので、普段着ている私服を着て行ってもほとんど問題ありません。私服が特に個性的でない人であれば、普段通りで出勤して大丈夫です。しかし、営業や広報など、外部の人に会う職種の場合はオフィスカジュアルが無難。また、個性的なファッションが好きなら次のマナーは最低限守りましょう。

1. 過度な露出は避ける

規定上問題がなくても、目のやり場に困っている人がいるかもしれません。だから、過度な露出は控えること。

2. 派手すぎる色や柄

会社にお客様が来ることもあるので、パッと見て個性が強すぎるものは、できるだけ避けること。

3. その他

主張の強いブランド品はダメとか、生足・サンダルはダメとかっていうことが稀にありますが、あまり気にしなくていいはずです。

困ったら人事やお世話係の人に聞いてみよう

服装のルールは会社によってかなり違う部分も多いので、わからなくて不安なら人事やお世話係りの人に聞いてみるが手っ取り早いです。長期インターンシップなら、初日は無難にオフィスカジュアルやスーツで出勤し、どの程度までOKか確認すると次回から服装が判断しやすくなります。

業界・職種別の服装の目安

業界や職種の慣習によっても服装に対する厳しさは変わってきます。そこで、いくつかの職種や業界に分けて解説していきます。

【業界別】

金融・保険

就職後も比較的服装の決まりが厳しい業界。インターンや面接の服装ももっとも無難なものが好ましい。証券会社やいわゆる大手企業も無難で、無個性な服装が良いでしょう。

アパレル・クリエイティブ系

日常的にセンスが求められるアパレルやデザイナーなどのクリエイティブ系は、無難なオフィスカジュアルを徹底するより、ある程度個性やセンスの良さが見える服装を意識するといいです。金融・保険業界とは違って、無難な服装や無個性の服装はダサくて微妙と思われる可能性もあります。

【職種】

営業

営業職は基本的に外部の人と接触するため、スーツやそれに近い服装がいいです。かっちりした服装を意識しましょう。

エンジニア・内勤

営業ほど服装は厳しくなくてOK。最低限のマナーを守った私服で問題ありません。

季節別の注意点

夏のインターンの服装で注意すべきポイント

【スーツ】

服装の決まりが厳しい職種や業界なら、ジャケットは常備。シャツのみで仕事をしてもいいが、常にジャケットを着用できる準備を。ネクタイも締めておく
ゆるめの会社であれば、ノータイ・ノージャケットで出勤も大丈夫な場合が多い。しかしいつでもつけられるよう、持ち歩くか会社に置いておく
半袖シャツがOKかは会社によるので、まずは長袖で行って、まわりをみて判断

【私服】

基本のオフィスカジュアルは変わらない。女性は半袖でもOK
男性も半袖Tシャツ、ポロシャツOKな場合も。会社の周りの人に合わせて調整を。

冬のインターンの服装で注意すべきポイント

コートはスーツ用じゃなくてもOK。持っているもののなかで一番きれいめなものを着用しましょう。
1Dayインターンシップのような、ほぼ会社説明会のようなものに参加する場合、コートの着用には注意。会社に入る前に脱ぎ、コートの裏地が外側になるように持っておくのがマナーです。
私服OKの場合、コートはあまり気にする必要はありませんが、中に着るものと同じように個性的すぎるものは避けましょう。

まとめ

特別マナーに厳しい業界でない限り、服装にやたらと注意を払う必要はありません。重要なのはインターンシップに参加した際の態度や礼儀、仕事に向かう姿勢などです。それでは、インターンシップであなたが活躍できるのを楽しみにしています!

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る