目次

インターンシップでお礼状??

ここ最近では、インターンシップの後にお礼状を送るのが、マナーとして浸透しつつあります。そうはいっても、お礼状なんか書いた事がない人がほとんどでしょう。相手は社会人なので、マナーのなってないお礼状にはマイナスの評価を与えるかもしれません。お礼状の書き方をしっかり把握して、好印象を与えるお礼状を作成しましょう。

なぜお礼状を送るべきなのか

インターンシップの準備や管理は、社員が忙しい中、時間を割いて行っています。インターンシップを通じて教育していただいたのですから、お礼を伝えるべきです。丁寧なお礼状を送れば、きちんとした人間だという印象を伝えられます。
お礼状を送るのと送らないのでは、就活で大きな違いを生みかねません。就活前にできる最善の手は打っておきましょう。

お礼状をメールで送るか手書きで送るか

お礼状を送る手段として、メールと手紙があります。就職に向けてアピールするなら、選ぶべきなのは手紙です。なぜなら手紙のほうが、丁寧な印象を与えるからです。
一方でメールにも利点があります。それは気軽にやり取りできることです。手書きでお礼状を送るよりも短時間で済ませられます。本選考の志望度が低い企業は、気持ちを伝えることを意識して手紙かメールかはあまり気にしないで、メールで済ませてもいいでしょう。

お礼状を出すタイミング

お礼状はできるだけ早く送りましょう。理想はインターンシップ終了の翌日までです。翌日が忙しくて不可能な場合でも、インターンシップ終了後、1週間以内に届くようにしましょう。

お礼状の内容

忙しい中時間を割いてもらったこと、教育してくれたことなどに対して、具体的に感謝の旨を伝えてください。またインターンシップを通じて、得られたことや感じたことなども具体的に述べましょう。その企業に就職したい場合は、その職場で感じた魅力、職業自体に対するやる気、自分が就職した場合の抱負も率直に伝えるとさらに良いですね。
また提出する書類は、同封して送りましょう。

お礼状と封筒の選び方

お礼状は白無地のビジネスレター、封筒も白無地のものを選んでください。

封筒の宛先の書き方

それでは具体的に、書き方を見ていきましょう。まずは封筒の宛先の書き方を解説していきます。

1.担当部署宛の場合

担当部署宛の宛先の書き方

人の場合は「~様」ですが会社宛の場合は「〜御中」と書きましょう。

2.役職、肩書の有る相手宛

役職者への宛先の書き方

会社名、担当部署、役職、氏名の順番で書きましょう。

3.担当者宛

担当者宛の宛先の書き方

会社名、担当部署、氏名の順番で書きましょう。

お礼状の折り方と封入方法

1.書き出し部分が右上にくるように、文面を表にします。

お礼状の降り方1

2.下から1/3折上げ、上から1/3も下に折り重ねましょう。

お礼状の折り方2

お礼状の折り方3

3.書き出しが上、封筒の裏から見て右側(表から見て左側)に封入します。

お礼状の入れ方

これで完了です。

まとめ

以上がインターンシップ後のお礼状を出す手順です。封筒やお礼状は白無地のものを選ぶ、インターンシップ終了日の翌日には投函し、できるだけ早く届けましょう。お礼状を書くのは、社会人になってから何度も経験することです。学生のうちからしっかりとしたお礼状のマナーを身につけましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る