目次

就活の自己分析について

突然ですが、就活生のみなさん、「自己分析」してますか?就活を始めると突然この単語を聞くようになると思います。しかし、いきなり自己分析と言われても何のことかよくわからないでしょう。そんな方のために、自己分析について一から解説していきます。自己分析とは何か、なぜ必要なのか、そして自己分析のやり方と注意点を紹介します。

自己分析とは

自己分析とは「自分を深堀して、自分を理解する行為」です。自己分析は、業界・企業選びやES、面接など、就活の様々な場面で役立ちます。一例として、面接試験を考えてみましょう。
企業の面接官を相手に、自分の印象を残すにはどのようにアピールしたら良いでしょうか?多くの学生は口頭で自分についてアピールするはず。そのときのアピール内容が抽象的な人と、具体的でオリジナリティのある人なら、後者の方が明らかに印象に残りやすいです。
しかし、具体的な話を面接の場でいきなりするのはかなり難しいです。つまり、面接で印象に残るような話をするためには自己分析が必須なのです。自己分析は、あらゆる場面で就活を有利に、そして納得感を持って進めるための準備だと言えます。

自己分析を行う目的

就活生が自己分析を行う目的は、大きく分けて次の3つが考えられます。

発言に説得力を持たせるため

自己分析をして、自分の特徴や長所を理解しましょう。その上で、自分の特徴を裏付けるエピソードを語ることができれば説得力が増していきます。

価値観を明らかにして就活に臨むため

「何を」または「どのような考え方」を大事にしているのかなど、自分の価値観を理解して就活に取り組めます。自分の価値観がわかっていれば、面接で不意な質問をされても一貫性をもって解答できるでしょう。

適職に就けるようにするため

自己分析を行うことで、自分に合った企業を選べるようになります。自己分析を通して自分の価値観を明確にしておけば、その軸に照らし合わせてある企業と自分のマッチング度合いを測りやすくなります。また、自己分析を通して将来の目標やキャリアプランを考えることで、適職を見つけやすくなるでしょう。

自己分析のやり方

ここからは自己分析のやり方を具体的に紹介していきます。

自分史作成
最初は自分史作成から始めましょう。中学校から大学、これまでの学生生活の中で自分を特徴づけるような経験、自分が一番頑張った経験をピックアップ。それぞれを具体的に深堀して、自分の特徴・長所を見つけていきましょう。自分史の作成についてはこちらの記事でも紹介していきますので確認してください。

インターン 自己分析

自分の長所を見つける
自分史であげた経験の中から、就職活動での長所を見つけていきましょう。何が就職活動での長所になるかよくわからない方は、「この長所は会社で活かせるか?」という問を考えてみるといいです。加えて「どのように活かせるか」という点も考えていくと、自己PRでも使えるようになります。それでもやはり考えるのが難しい場合は、就活仲間や先輩、親に聞いてみるといいですよ。

将来の目標やキャリアプランを考える
自分史で過去を振り返ったら、次は未来に目を向けましょう。あなたは5年後、10年後あるいは20年後にどのような人物になっていたいですか?また、どのようなことをやっていたいですか?未来の自分像を持てれば、より適職を見つけやすくなります。

アップデートを繰り返す
就活を始めていろいろな企業や就活生と出会うと、自分の考え方も変わっていくものです。一度自己分析をしたからといって、それにとらわれる必要はありません。定期的に自己分析をして、自分の考え方の変化を確認するようにしてくださいね。多くの企業を見ているうちに、自分の価値観が固まって、それが企業選びの軸になっていきます。

自己分析後の振り返り

一度自己分析を終えたら、その内容の振り返りをしっかり行いましょう。

自己分析の内容を具体化できないか検討

面接では具体的でオリジナリティのある内容の方が印象に残ると冒頭で述べました。これは面接に限った話ではなく、志望動機や自己PRをESに書く際も同様です。

そこで、一度自己分析を終えたら、内容をさらに具体化できないか検討しましょう。具体的にする方法として、5W1Hを用いることをお勧めします。5W1Hとは英語の疑問詞「What, Who, Why, When, Where, How」の頭文字をとったものです。これらの要素を埋めることによって、相手に伝わりやすい具体的な内容にすることができます。

自己分析を就活に活用しよう

せっかく時間をかけて自己分析を行ったのですから、その結果を就活でどんどん活かしましょう!

会社説明会
会社を見る際に、自分の軸とどれだけ適合するのかを測りながら説明を聞くようにします。そして、説明を聞きながら評価・マッチング度合いを確認していってください。複数社でこれを行っていくと、企業を比較しやすくなります。また、自分の軸がどの企業に近いのか、適合しているのかもわかっていきますよ。

選考
面接で質問をされた時に、自己分析で考えた自分の軸を基に解答しましょう。あらかじめ準備していなかった質問でも、自分の軸があればブレずに解答できます。

まとめ

そもそも自己分析とはなんなのか、そして、その目的・やり方まで解説しました。就活する上で、自己分析は必須だと考えていいくらい重要です。ただし、一度自己分析を行ったから、自分のことをわかったつもりになってはいけません。いろんな話を聞いているうちに、考え方が変わっていることは頻繁に起こります。学生のうちは特にそうです。だから、ちょっとでも変化を感じたら、あらためて自己分析をしましょう。そうすれば、面接でもESでも、自分を中心に語ることができます。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る