目次

就活の企業研究について

「就活では企業研究が大切だ」ってよく耳にするけど、それって本当なの?実際にどうやればいいの?といった疑問を持つ人もいるでしょう。就活において、企業研究は重要な要素です。企業研究を行えば自分の行きたい会社を明確化でき、さらに説得力のある志望動機を作成できます。就活を成功させるためにも、どのように企業研究を進めていけばいいのか紹介します。

なぜ企業研究は重要なのか

企業研究はとても重要です。なぜなら企業側は、自社について詳しく調べていない学生を採用したいと思わないからです。また、企業研究が不十分だと、入社後に「他の企業へ就職した方がよかったかも……」と考えてしまい、退職を早めてしまう可能性もあります。
企業研究を行って、自分自身が納得のできる企業を選べるようになりましょう。

企業研究ってどんなことをするの?

それでは、企業研究のやり方について解説していきます。

企業研究とは

企業研究とは、様々な側面から企業について調べることです。企業の経営理念、文化、事業内容、会社規模(従業員数、売上、資本金など)などの切り口から情報を調べ、理解していきましょう。

企業研究をすべき理由

就活生が企業研究を行う目的

志望企業が自分とどのくらいマッチングするか確認する

就職活動は恋愛に例えられます。企業が求めている人物像を見極めて、自分と企業との相性がどれだけ良いかを考える必要があるからです。そして、相思相愛になれば、カップルと同じように、就活では内定を得られます。
この「相思相愛になる」確率を高めてくれるのが企業研究です。あなたがどんなに優秀でも、相性が悪い企業の選考は落ちます。自分にマッチした企業を選べれば、よりスムーズに内定にたどり着けます。

説得力のある「志望動機」を作る

自己分析を行い、企業研究を重ねると、自分の価値観が鮮明にわかります。自分の価値観を軸にして、就活へ臨めば採用担当も納得する志望動機を作成できます。

企業研究のやり方を徹底解説!

ここからは具体的な企業研究のやり方を解説していきます。

企業研究のやり方

コーポレートサイトを確認

企業によって、掲載されている情報は異なります。よく載せられている情報は、経営理念、文化、事業内容や、決算情報などです。特に経営理念があなたの考え方と合致しているか、そして企業の性格とも言える企業文化を重点的に確認してください。企業や自分の考えを深掘りでき、本当にその企業を志望しているのか明確に判断できます。

また、ポータルサイト(リクナビ、マイナビ)にも情報がまとまっているので確認しましょう。

会社説明会と合同説明会に参加

ネット上で調べてもわからない情報はたくさんあります。企業に関する疑問を解消するためにも、コーポレートサイトをチェックしたら会社説明会・合同説明会に参加しましょう。説明会で疑問が残れば、その場にいる人事や社員へ質問も可能です。

インターンシップを活用

興味のある企業を見つけたらインターンシップへ参加して、現場を学ぶのが一番おすすめです。インターンへ参加すれば、実務を通して会社の理念を肌で体感できたり、社員と話したりして会社について詳しく理解できます。

OB・OG訪問

実際にその企業で働いているOB・OGに話を聞くのも一つの手です。職場の雰囲気、職種、具体的な仕事内容などのぶっちゃけ話を聞ける貴重な機会です。ぜひ活用してみましょう。

もちろん企業研究の振り返りが大切

企業研究後は必ず振り返る癖をつけてください。自分の調べた情報と会社説明会などで得られた生の情報を振り返り、自分の価値観とどれだけマッチングしているかを再確認しましょう。企業研究を通して新たな気づきがあれば適宜メモをして、志望する企業を明確化していきましょう。

おわりに

企業研究の方法を紹介しました。上記を参考にして、就活に挑みましょう。また企業研究は、自分の価値観について考えるいい機会になります。自身の理解とともに、入社したい企業を探してみてくださいね。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る