目次

就活の説明会について

就活の時期が近づいて来ましたね。就活の準備はできていますか?就活をする上で必ず会社説明会に参加する機会があります。説明会へ行く前にこの記事を通して、会社説明会のためにしておくべきことや活用方法を確認しておきましょう。

就活生が参加する説明会とは

就活生が参加する説明会は大きく2種類あります。それは個別の説明会と合同説明会です。以下で、それぞれについて紹介します。

個別の説明会

個別の説明会では、採用担当者の挨拶、採用情報、業務や会社概要が説される場です。会社によっては代表取締役が登壇することもあります。1社を深く理解するのに適しています。

合同説明会

合同説明会では、複数の会社が1つの会場に集まって会社説明を行います。学生自身が興味のある企業を自由に選択して説明会を受けられます。いろいろな合同説明会が開催されており、開催される時期・場所によって参加する企業が異なります。興味のある企業が参加する合同説明会に足を運びましょう。

企業が説明会を開催する目的

企業が説明会を行う目的は2点あります。

1つ目は学生の採用です。説明会の時に分からないことを聞いてアピールするなど、印象に残る学生になる準備をしましょう。
2つ目は企業の露出を増やし、認知の向上です。就活を始めたばかりだと、大企業を数社答えられる程度でしょう。多くの企業がありますが、学生に認知されているのはほんの一握りの企業です。特にB2Bの会社の認知度は低いため、説明会を実施して企業の認知向上に努めています。

就活生が説明会に参加するメリット

次に就活生が会社説明会に参加するメリットについて紹介します。主に2点あります。 

1つ目は学生のために、企業情報や業界を説明してくれる点です。その企業に入るとどのようなことが出来るのか、他の競合と比べて秀でているところなどを確認できます。説明会に参加して、自分の進路への軸を明確にできるでしょう。
2つ目は一般公開されていない企業情報や人の雰囲気を知ることです。ネットで掲載されているものだけだと知れる情報に限りがあります。メモ帳とペンを持っていき、メモを残しておきましょう。また説明会に行くと、必ず社員の方がいます。これはプラスアルファの情報を得られるチャンスです。有効に活用して、他の就活生と差をつけましょう。

説明会のためにやっておくべきこと

企業サイトの確認

基本情報は企業のホームページに載っています。事前に予習しておきましょう。重要事項や気になった点をメモしておくと、説明会をスムーズに理解できますし、逆質問にも活かせます。

業界の動向を確認

業界の動向を理解していれば、その企業が今後どのような行動を起こすのか考える材料になります。後述の質問へ対応しやすくなります。

競合の確認

競合する企業情報は確認しておきましょう。そうしないと説明会を受ける企業が競合と比べた時に、どのような点で優れているのか分からなくなります。

就活生が説明会で質問すべきこと

企業サイトを見てわからなかったこと

メモを見返して素直に疑問に思ったこと、自分の認識が企業の考えとあっているのか確認する質問をしましょう。

具体的なことを質問する

5W1H(where,when,what,who,why,how)を意識して質問をするように心がけてください。これらを意識して質問をすれば、具体的な解答を受けられます。

まとめ

少し早足になりましたが、説明会について紹介しました。説明会を受ける前に業界や競合を事前に調べて、説明会に臨むことがとても重要になってきます。自分の進みたい軸に合った企業を見つけ出して、説明会で質問ができるように準備をしてくださいね。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る