目次

就活の服装について

就活が始まると常に気をつけないといけないのが「服装」です。あなたはきちんとした服装で、就職活動を行えていますか?就活をする上で服装で迷ってしまう、そこのあなた!この記事を読んで適切な服装で就活に臨みましょう。

就活生の服装の基本

就活生の服装の基本をマスターしていきましょう。

理想は「万人受けする清潔で健康な人」っぽい服装

人の印象は第一印象でほとんど決まります。第一印象が悪かったがために選考で落とされないように、「番人受けする清潔で健康な人」をイメージさせる服装を選んでください。

好印象な服装の3つのポイント

まずは社会人と同じ、ビジネスマナーに則った服装を意識しましょう。次の3点を大事にしてください。

  • 清潔感:不潔な格好をしていると「この人はだらしない人なんだな」と勘違いされてしまいます。
  • 相手に不快感を与えない:派手な服装や個性が強いものは避けるように。
  • 身動きがとりやすい:立ったり座ったりお辞儀したりするとき、体にフィットした、動きやすいもののほうがスムーズで好印象です。

ビジネスマナーとはいえども、職種によっても適している服装は異なります。就活生は最低限上記のことを意識すれば問題ないでしょう。いくつか例外はありますが、一番無難なのはリクルートスーツです。

就活時の服装のマナー

志望する業界、企業によって、指定される服装が大きく変わります。この章では企業側がどのように服装を指定してくるのか場合分けして、具体的な服装の選び方を説明します。

服装に指定なしの場合

男女ともに白いワイシャツにジャケット、パンツもしくはスカート等のリクルートスーツを着用すれば問題ありません。またスーツや革小物の色は黒で統一できればベストです。
男性はネクタイを必ず締めてください。色味は青系、ストライプのものがおすすめです。若いビジネスマンっぽく映って好印象を得られます。
女性はレギュラーブラウスかスキッパーシャツを着用しましょう。厚化粧や派手な色の化粧は極力避けるようにしてください。

私服を指定された場合

わざわざ私服で来て欲しいと言われた場合は、リクルートスーツを避けましょう。ただし「私服でも可」の場合は、スーツを着用しても構いません。

TPOに合わせて服装を考える
私服を指定された場合は、TPOに合わせて服装を選びましょう。一点注意をするとすれば、ラフな格好を避けること。友達と会うわけではありません。初対面の人と会うのに、失礼のない服装で出向くべきです。

悪い例:デニム、襟なしのシャツ、スウェットなど

選考の意図に合わせて服装を考える
アパレルやデザイン系の会社の選考時には、服装のセンスを選考対象にしている企業も存在します。オフィスカジュアルから離れて、個性を出した方が良い場合もあります。選考の意図を考えて、服装を選ぶようにしましょう。

服装自由の場合

基本スーツでも私服でも問題ありません。ただ私服を着るなら、私服を指定された時と同様、ラフすぎず、清潔感があり、きちんとした服装をするように心がけましょう。 

小物について

企業の人たちは就活生の細かい部分(言動や態度・服装等)まで見ています。もしかしたら身に付けていた小物が、相手に不快な思いをさせることもあるのです。小物についてもきちんと理解して、細かい部分まで意識してください。例えば以下のものが挙げられます。

靴下

男性の場合、スーツに合わせて着用する靴下にも注意を払う必要があります。色は濃紺や黒が無難です。リクルートスーツに白い靴下は合わせないように。

アンダーシャツ

シャツの下には白い肌着を着用してください。黒や派手な色の肌着だとシャツから色が透けて見えてしまい、あまり良い印象を与えません。

ストッキング

肌色に近いストッキングを選びましょう。黒色のものやタイツは避けるべきです。また外で伝線してしまった場合に予備を一つ持ち歩くと完璧です。

まとめ

就活の際に身につける服装について説明しました。細かい服装の違いで企業側へ与える印象は大きく変わってしまいます。服装を指定する企業側の意図をしっかりと汲み取って、きちんとした服装で就活するように心がけましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る