目次

なぜ企業は短所を知りたがるのか

そもそも履歴書は自分の学歴や経験・資格などをピーターとするためのものだが短所を書く必要なんてない、考えている人もいるかかったが、履筆に短所の欄があるそのののの目的があるのです。企業側は短所を知ることで知っていることで受験者のどこを見ているのですか。企業側が短所を知りたいために話してみました。

その人がどういう人間なのか知りたい

人間誰も長所がありば短所もあります。それは普通です。むしろ、「私には短所はありません」などと書いてほしいが嘘っぽくなるとわかってしまいます。短所を恥じることはありません。短所もそのですです人のひつじの個性なのです。

 

自分のことを理解しているかを知りたい

短所を理解していれば、どうせれば短所を直せるか、改善方法を考えることができます。しかし、自分の短所を理解できないし、会社に入社後も短所が改善されることはありません。側は短所が改善されて、いつまでも成長できないことを危ないしています。

信用できる人かどうか知りたい

ビジネスの現場で相手から信用を得ることは重要である重要です。書いてくれるような質問にもしっかり解答できるかを見ることで、その人が信用できるかどうかを判断しています。

短所を書く時の流れ

次に、実際に履筆に短所を書く流れについて紹介します。

 

最初に短所を書く

短所限られたことではありませんが、まったく一目で「自分のどういうところが短所だと思うの」を端的に書いてしまった。はじめに短所を書かせて文章がわかりやすいようになります。

 

短所に関するエジプトを書く

次に、これも短所に限ってここではありませんが、明らかにエピーソフトを書いてしまっています。理論的なエイピーソードを書かせて説得力が増します。

「○○するときには△△してしまう」など、どこのような場面でその短所感じののか、自分自身の経験をふまえて書いてみましょう。数字や固有名詞を交えると、読んだ人もイメージがしやすくなります。

短期の場合、あまりにも詳しく書いてしまう、逆に短所が目立ち過ぎてマイナス、そういうものもある、一、二文添える程度に抑えておおほうがいいと思います。

 

改善のために努力していること

短所を書いて、エジプトを添えてでは、自分の短所を紹介しただけになっています。大切なのは、「どうや、短所を克服するようにしているの」、改善のために努力していることを最後にこれにより、書かれます。これにより、自分の短所を理解し、その改善のために努力しているということを企業側にすることができます。

 

基本的な構造は、

短所→理論的なエピーソード→改善のために努力していること

の順番です。

この順番で書きばば、わかりやすく説得力のある文章になるでしょう

短所を書く時のポイント

履歴書に短所を書くときにはちょっとしたポイントがあります。ここで挙げるポイントを理解すれば、失敗を大きく減らすことができるでしょう。

 

業務に差し障りのない短所を選ぶ

履歴書に短所を書くとき、なんでもかんでも正直に書く人がたまにいます。確かに正直に書くのはいいことですし、誠実さも企業側には伝わるでしょう。しかし、ときに致命的なミスを犯していることがあります。

 

たとえば、自分が営業職を志望しているとします。営業職は毎日たくさんの人に会い、たくさんの人とコミュニケーションを取って、会社の商品・技術・サービスの売り込みをします。

それなのに短所の欄に、

「私は人見知りで、人と話すのが苦手で……」

などと書いたのでは、企業側は「この人は本当に営業に向いているのだろうか」「営業じゃ活躍できないんじゃないか」と考えてしまいます。

 

また、これから成長を目指すベンチャー企業に就職を志望しているのに、

「私は慎重な性格で、積極性に欠けるところが短所です。」

などと書いたのでは、企業側は「この人はうちの会社の雰囲気には合わないんじゃないか」と思われてしまいます。

 

以上が履歴書に短所を書くときの致命的なミスです。

短所を書く前に、自分の志望している職種や企業について調べておくのがいいでしょう。そのうえで業務に差し障りのない短所を選ぶようにするといいでしょう。

 

長所の裏返しになるような短所を選ぶ

履歴書では、短所だけを書くのではなく、長所と一緒に記入する場合が多いです。そんなときは長所から短所を導き出すことも可能です。つまり、長所の裏返しになるような短所を選びます。

 

たとえば、「行動力があること」を長所に書いたとします。そこからはどんな短所を考えることができるでしょうか。「考えるより先に行動するため、計画性がない」「大雑把な性格」「落ち着きがない」などが短所として考えられます。

 

このように、短所に困ったら、自分の長所から導き出すことも可能です。

 

長所を書くような気持ちで短所を書く

短所の中には、捉え方によっては長所とも捉えられるものがあります。

 

たとえば、「飽きっぽい性格」という短所を書いたとします。

一見、「物事を長く続けられない」というマイナスイメージですが、捉え方によっては「切り替えが早い」「好奇心旺盛」などプラスのイメージにもなります。

 

「私は飽きっぽい性格で、物事を長く続けられない……」と書くよりは、「私は飽きっぽい性格ですが、切り替えが早く、好奇心旺盛で……」というように、長所を書くような気持ちで短所を書くとアピールにつながります。

短所別例文

以上を踏まえて、いくつかの例文を考えてみました。

 

 優柔不断

私の短所は優柔不断なところです。何か物事を決めるときに考え過ぎてしまいます。大学の授業を選択するときもあれでもない、これでもないと考えて時間がかかってしまいました。そのため、タイムリミットを自分で決め、それまでには決めるようにしています。

 

基本的な構造の流れで書くことで、わかりやすい文章になっています。

 

 心配性

私の短所は心配性な点です。たとえば、家の鍵を閉め忘れていないか何度も確認してしまいます。時間が無くなると、細かいところに気が回らなくなってしまうので、計画を立てて、早めの行動をするように心がけています。

 

家の鍵を閉め忘れていないか何度も確認してしまう、というエピソードが具体的で説得力が増しています。

 

 人見知り

私は人見知りなところがあります。しかし、人と話すのは好きです。初対面の人だと緊張してしまうことが多いので、自分から挨拶をするなどして、積極的にコミュニケーションをとるよう努力しています。

 

企業側はコミュニケーション能力を求めていることが多いので、「人見知りだけど人と話すのは好き」などと書くようにしましょう。

 

 せっかち

私は物事に対して、せっかちなところがあります。スピードを求められるときは良いのですが、

そのせいで細かいミスをしてしまうことがあります。時間に余裕があるときは、チェックリストを作ったり、何度も見直しをするようにしています。

 

「行動が早い」という長所の裏返しです。

 

 頑固

頑固なものは私の短所です。所属しているゼミのプレゼンでは、周りに反しても、自分の意見を押し通すことがありました。しかし、責任を持って資料の準備や発表に臨み、教授から高評価を得ることができました。今後は周りの意見に耳を傾けることも大切にしています。

 

頑固な性格だが、責任感を持って取り組んだ結果、高評価を得ることができるようにアピールになっています。

 

 マイスペース

私はよくマイペースだと言われます。マイペースで人より仕事が遅れることがあるのですが、コツコツ続けることは得意です。大学時代に英検2級の勉強を毎日1時間コツコツ続き、無事合うことができました。自分のページを大切にしつつ、周りに迷惑をかけないようにしたいと思います。

 

マイページは捉え方によっては長所と捉えることができます。

まとめ

短所だからと言って、自分の欠点をただ書いてではなく、履歴書はピルルするという気持ちを忘れないことが大切です。恥ずかしいことにすることなく、自信をもて、改善のために努力してあることを書きましょう

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る